多言語・マルチディバイス自動対応のCMSを求めるならばJoomla初心者向け

多言語・マルチディバイス自動対応のオープンソースCMS Joomlaであれば、有償ライセンスのCMSが提供する機能の大部分が直ぐに使えます
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

タイ、マレーシア、ベトナムなどの海外からのアクセスに自動的に各言語のトップページに誘導

Joomla 2.5(商用バージョン)と3.1(検証バージョン)では、自動的に多言語対応が出来る機能が標準で搭載されています。

一種のアクセスユーザーへのパーソナライゼーション機能として英語国圏からのアクセスには英語のトップページに自動誘導。フランス語、イタリア語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語、マレーシア語などでアクセスがれば、それぞれの言語のトップページに自動誘導します。

多言語サイトをこれから構築、又は、CMS化したい会社はJoomlaを候補として検討しても良いでしょう。

Joomlaは多言語サイトだけでなくマルチディバイス自動対応です。Joomla2.5のテンプレートがマルチディバイス対応であれば問題なく自動対応します。

Joomlaについての情報サイト
http://www.joomlajp.org/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]