コンテンツマーケティングのツールJoomla

コンテンツマーケティングをこれから始めたい会社は、CMSでサイトを再構築されたほうが時代の流れにマッチする。
よろしければこちらもご覧ください

不景気で広告宣伝に打って出る会社と広告宣伝費用を無くす企業

広告宣伝に投資が出来る会社は、体力に余力がある。投資ができない会社は、細く長くもっと効率の良い方法を探す。

海外では、広告宣伝に投資するよりもコンテンツマーケティングに投資するほうが効果があり、同時に経費節減が出来るという。Googleが検索で良質のコンテンツサイトを重要視するという方針が検索市場で目立ち始めてからコンテンツマーケティングに注目する会社が増えている。

コンテンツマーケティングを実践する上で求められるツールがある。

コンテンツマーケティングの本質は、絞りこまれた役に立つコンテンツを餌にして自社独自の市場を開拓することにある。それを達成させるには、・・・

(1)ターゲットユーザーが求めるだろうとする情報

(2)お金をかけずに定期的に情報をウエブで発信できるツール

この2つは、必須条件になる。

コンテンツマーケティングの実践は、ロングテールSEOの実践に等しい。検索サイトでヒットする機会を記事の量で増やし、より絞りこまれた訪問者を検索サイトから誘導する。この効果を生み出すには、通常のホームページでは無理だ。

発信する情報の量と質が求められるため、CMSを使った情報ポータルサイトを構築する必要がある。CMSは、ページ作成でコストが余りかからない。CMSで構築されたサイトであれば、一般社員が複数人でページ作成を行える。あっいう間に300ページ以上のロングテールSEOを実践できるサイトが出来上がる。

私の会社サイトは、400ページ以上のJoomla CMSサイトになっている。コンテンツをJoomlaに絞り込んでいる。そのため、自然にJoomlaに関するCMSのロングテールSEOが実践できている。

コンテンツマーケティングをこれから始めたい会社は、CMSでサイトを再構築されたほうが時代の流れにマッチする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]