メーカーの高度な技術力からわかる、Webマーケティングに必要な2つの事

厳しい要求を満たすには、CAEを有効に活用した製品開発が必須。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

実家に帰って、親・兄弟が集まる時、どのような話をしますか?

うちの実家での話題は決まって「最近仕事どない?」です。
大阪弁で言えば「儲かってまっか~」というやつです。

メーカーの技術職である弟の話は、
かなり専門的な領域で、僕にはよくわからない事が多いのですが、ようやくピンと来ました。
というのも、今社内でホットな「生産性」というキーワードが出てきたからです。

弟の職種はCAE、Computer Aided Engineerの頭文字を取ったものです。
開発したトナーや設計した複合機が要求性能を満たすかどうか、
実際に生産する前にコンピュータ上でシミュレーションして最適化してゆくのが主な役割です。

大手メーカーは、大量生産ありきの為、高度な生産性を求められます。
開発期間の短縮・コスト削減・品質向上など、これらの厳しい要求を満たすには、
CAEを有効に活用した製品開発が必須です。

具体的には、複合機の最適化を行っています。
普段、身近な存在である複合機、このプリントの仕組みは、
紙にトナーを静電気でくっつけて、熱で定着させ、冷ました紙が出てくるといったものです。

この流れを効率的に行う事で、
今までにない次元のハイスピードプリントが可能になります。

その為には、少ない熱量で定着できるトナーや熱効率に優れた機構が必要になります。
でも、何をどうすれば良いのか・・・過去のデータだけではわかりません。

そういう時にCAEが、未だ見ぬ未来を試行錯誤を繰り返しながら、
「これだ!」と確信に至る設計を生み出すそうです。

上記は「品質向上」に関する事ですが、
他に、部品数減少による「工程削減」など、様々な取り組みを行なっているようで、
まさに「生産性の向上」の為の仕事と言えます。

そんな中で、重要な気付きが2つありました。

ひとつは、
精度の高いシミュレーションで、具体的な仮説を導き出す事により、
未来に近づくことができる点。

もうひとつは、
それが生産性向上に必要不可欠である点です。

あらためて、メーカーの高度な技術力に感激すると共に、
広告やWebサイトの最適化など、自身の仕事ひとつとっても、
まだまだ取り組み方を改善すべき点が多い事に気付かされました。

----------------------------------------------------------------------
【「鮮やかに伝わる」Webマーケティング的クリエイティブ】
日々思いついた仮説等をアウトプットすることにより、可能な限りオープンにノウハウ共有します。またそこから新たなインプットを得る事を目指します。

----------------------------------------------------------------------

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フジツボ式SEO
主にローカルSEO(地域限定ビジネス向けのSEO)において、顧客にとって印象的だ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]