訪問者の企業名や業種を分析して営業に活用 | どこどこJP×Googleアナリティクス

BtoB向け:Googleアナリティクスからサイト訪問企業を特定し営業活動につなげる
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

Googleアナリティクスで『見込顧客』を発掘する

はじめての記事投稿であたふたしている山田@どこどこJP事業部です。
ご好評いただいている「どこどこJP×Googleアナリティクス」についてこれまでとは違い営業的な側面からご紹介をさせていただきます。
 

■導入するメリット

  • 分かること
     ・どんな企業がサイトにアクセスをしたのか分かります。
      (正確にはGoogleアナリティクスの解析結果に[企業]軸を追加できます。)
     ・サイトへの訪問数や閲覧ページから企業のサービスへの興味度合いが伺えます。
     ・業種毎の行動やニーズ、トレンドを掴むことができます。
  • できること
     ・自社で把握していない『見込顧客』に対し営業施策を行うことができます。
     ・解析結果の企業名と自社ハウスリストを紐づけて企業担当者に直接アプローチできます。
     ・閲覧状況などから見込度の高い企業にジャストタイミングでアプローチが可能です。
  • 実績例
    とある企業様では従来のアタックリストと解析結果から作成した企業リストへのテレアポを実施した結果、訪問率が「14倍UP」、その後の成約率も「33倍UP」という絶大な効果をもたらした例もございます。

■こんなシーンで活用できます

「どこどこJP×Googleアナリティクス」を活用できるシーンを紹介します。

  • 効果検証で活用
    営業施策(DMやイベント)やリスティング広告によるWeb流入効果を、細かな企業単位~大まかな業種単位で可視化することができ、その効果を測定することができます。
  • ランディングページに活用
    「どこどこJP」ならではの活用法です!
    解析結果から特定の業種や企業毎に訪問者が求めているコンテンツを出し分けることで、さらなるコンバージョン率UPを図ることが可能となります。

■ただ今、最大1ヶ月無料でお試しできます

お申込み月の月末までは完全に無料でご利用いただく事ができます。
興味のある企業ご担当者様はお気軽にお申込み下さい。
URL:http://www.docodoco.jp/analytics/index.html

■お問合せ先、情報掲載先

関連した過去記事一覧

サイバーエリアリサーチ株式会社 どこどこJP事業部
TEL :055-991-5544(内線番号2番) 担当:山田
Mail:docodoco-supportあっとまーくarearesearch.co.jp

URL :http://www.docodoco.jp/analytics/index.html
Facebook http://www.facebook.com/docodoco

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]