ビジネス・ユーザ・エクスペリエンスの技術資料【第二版】を公開しました。

ビジネス・ユーザ・エクスペリエンスの技術資料【第二版】を公開しました。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

弊社は韓国No1シェアのRIAベンダーです。

日本でも野村総合研究所社や明治大学などの国内トップ企業を中心に実績を作っています。

今回はUX(ユーザ・エクスペリエンス)のビジネス版を専門用語を極力使用せずにわかり易く解説したビジネス・ユーザ・エクスペリエンスの技術資料の第二版を公開しました。

「【第二版】企業向けユーザインタフェース統合ソリューション:ビジネス・ユーザ・エクスペリエンス(BUX)が企業にもたらす価値」

ダウンロードされる方は、以下のURLにてタイトルをクリックし、会員ログインもしくは新規登録し、ご利用ください。

http://www.tobesoft.co.jp/support/paper/index.jsp

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]