【評価版公開】 Web改ざん対策ツール「WebALARM」 ~国内官公庁を中心とした300サイトの実績

【評価版公開】 Web改ざん対策ツール「WebALARM」 ~国内官公庁を中心とした300サイトの実績
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

鈴与シンワートはWeb改ざん後の自動対応ツール「WebALARM」の評価版を公開しました。

『WebALARM』は官公庁を中心とした国内300サイトの実績を持つWeb改ざん監視&自動復旧ソリューションで、PCIデータセキュリティスタンダードの要件、10.5.5および11.5に対応しています。データの改ざんを検出すると、「WebALARM」は即時に対応し手動操作をまったく必要とせず自動的にWebサイトを回復させます。これは「WebALARM」に組み込まれた固有の機能であり、追加のスクリプトやプログラミングは必要ありません。さらに、ファイルのホットアップデートをサポートしており、連続的な監視プロセスが中断されることもありません。許可されている担当者によって一部のファイルが更新されている間も、「WebALARM」はすべてのファイルを監視し続けます。

といったように、プロ志向の自動復旧ツールなのです。

18万8千円からの低価格でもあり、非常に手頃でもあります。

興味がある方には是非、触って頂きたいです。

※製品については以下をご覧下さい。
http://www.shinwart.co.jp/webalarm/main/

※評価版ダウンロードサイトは以下をご覧ください。
http://www.shinwart.co.jp/webalarm/trial/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビジネスエスノグラフィ
ユーザー中心設計/人間中心設計における、ユーザー調査の方法論の1つ。 ユー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]