Amebloユーザーは知らないCROOZユーザーの宣伝術

Amebaと比べ、10代の会員増幅が著しいCROOZさん。会員数Up、PV数Upには秘密が隠されていました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ブログ最大手のAmeba。
その勢いたるや2009年8月に100億PVを達成した後も衰える事を知りません。

しかし、一つだけ言わせて頂くと、
PVを稼ぐためにAmeba公認/非公認に関わらず数多くのアクセスアップツールによる全てのアクセスが「有効」であることだけは如何なものかと個人的に思いますね。

αブロガーの指標ともなる「アクセス数」を基準に価格を設定しブログ広告を販売している訳ですが、きちんとロボットとユーザーのアクセス数をそれぞれ公開すべきですよ。

自分で言っておきながらですが、
本日言及したいのはこの事ではないのでこれ以上は触れないでおきましょう。

本日はそんなAmebaさんと比べ、10代の会員増幅が著しいCROOZさんについてです。
興味深いユーザー動向を発見したので皆さんにも共有します。

======================================
※本家のブログではわかりやすくイメージできる画像を公開しております。
BLOG:どこでもドアMarketing
http://ameblo.jp/ippeee-log/entry-10873128237.html
======================================

■皆でやっちゃえば怖くない

ちょうど4ヵ月ほど前、
アイフリーク、ザッパラス、エムティーアイ、その他5社ほど携帯用デジタルコンテンツを提供している企業を訪問した時の話。

これらの企業に共通するのはつい2年前までは 「デコメ/デコ絵文字」でぼろ儲け していたということだ。

イメージしやすく例えると、
エサ(無料のデコメ)をまけば、魚(ユーザー)が群がってきて、40~50人に一人が有料会員になってくれる時期もあったようです。

まさにデコメサービスは金のなる木だったのです。

では、この金のなる木をへし折ったのは誰かご存知でしょうか?

私もとある担当者から教えてもらって驚いたのですが、なんと CROOZユーザーのとある行動が企業の利益を吸い取った というのです。

具体的にお話しすると、
当時から10代の女性が多かったCROOZユーザーにとって「デコメ」というものはまさに超魅力的コンテンツだったわけです。

月額300円という破格値で1000個、2000個も取り放題。
彼女たちの目から見て、デコメのダウンロードサイトは輝いて見えた事でしょう。

一方で、ダウンロードしたデコメをメールではなくブログで公開利用するユーザーが現れたのです。

そのユーザーの中でも特にすごいツワモノがいたようで、ダウンロードした全てのデコメをブログで紹介し、その周りのお友達が無料で使いまわしできるようになったことがデコメ市場が衰退に向かった大きな原因だそうです。

10代の女の子たちの影響力、侮ってはなりませんね・・・

■人類みな兄弟の精神

見た目が違えど、みんな同じ人間なんだから、一緒に頑張ろう!
という精神がCROOZユーザーにはあるようです。

前回の記事(集客したければ送客せよ。その見返りは100倍以上 )でも紹介したように、彼女たちの欲しているものの一つにアクセス数があります。

アクセス数を稼ぐために、 CROOZユーザーの中で定番となっているのが「交換紹介」 という手法。

こんな感じ↓

===================
本家のブログで画像公開中
===================

私も紹介するからあなたも紹介してね♪一緒にがんばりましょ!

ってな感じです。

この宣伝手法がユーザー間で流行った結果、アメブロのようにシステムを使わずして、PV数を大量に稼ぐブログプロバイダーになったのです。

ちなみにご存知の方もいると思いますが、このCROOZを企画したのは当時学生のインターン生だったと聞きます。
リリース後、ユーザーの著しい増加数を見て、社長が舵をこちらに向けたとか。

先見の明があったのでしょう。本当にスゴイの一言です!

他にも、CROOZ特有の機能やら目新しい宣伝術がありますが、本日はこの辺で。
このブログを定期購読して下さっているAmebloユーザーの皆さん、是非CROOZをさわって調べてみては如何でしょうか。

======================================
※本家のブログではわかりやすくイメージできる画像を公開しております。
BLOG:どこでもドアMarketing
http://ameblo.jp/ippeee-log/entry-10873128237.html
======================================

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]