ループス・エンタープライズ2.0「iQube」スケジューラの利便性を向上したバージョン1.3.7

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社ループス・コミュニケーションズ(代表取締役: 斉藤 徹 本社 東京都品川区、以下、ループス)は、Web2.0ツールとグループウェアを融合したエンタープライズ2.0「iQube」の新バージョンであるバージョン1.3.7をリリースしました。新バージョンのご利用に際して、特別な手続きは必要ありません。
今回の新バージョンでは、スケジューラの利便性向上につながる、「詳しく確認」機能をリリースしました。この機能を利用すると、選択した参加者や設備の予定を、グラフィカルなカラーチャートの形で表示し、誰のどの時間が空いているかを直感的に把握することができます。
■主なリリース項目は下記の通りです。
新機能
• 参加者と設備の予定を詳しく確認する機能
• ニュースの一覧表示画面に作成者を表示
修正
• 連携グループの掲示板の開示先設定を修正
• 外部ユーザーの予定作成画面の修正(モバイル版)
• データインポートのCSVアップロード機能の修正
• 新着スケジュールの通知機能を修正
• タスク管理機能のサブメニューのタスク表示件数を修正
• 新着スケジュールアイコンのリニューアル
• 管理画面のディスク使用率の表示の修正
• サンプルデータの削除プロセスの効率化
http://blog.iqube.net/archives/138

■iQubeとは
ループスのエンタープライズ2.0スイート「iQube」は、企業や特定グループ内のコミュニケーションの促進を目的とした「社内SNS」を飛躍的に進化させた、まさにエンタープライズ2.0の決定版。単にSNSとグループウェアを折衷するのではなく、ブログやWikiなどのWeb2.0ツールを有機的に統合することで、ユーザー主導による「情報と知識の蓄積と共有」を実現。また、「組織と情報のマネジメント」を組み込むことで、充実したセキュリティも同時に確保しています。組織編制の際にフラットに登録すれば、従来型のシンプルなSNSとしてもご利用可能です。必要に応じて有用な人材と知識を浮かび上がらせる設計は、iQubeの大きな魅力。その進化の程を今すぐご体験ください。
※iQubeは、インストールもダウンロードも不要なオンデマンドでご利用いただける「SaaS」、もしくは、よりセキュアな環境でのご利用を希望される企業様向けの「ライセンス販売」から導入方法をご選択いただけます。

■ アクセスに関する情報
iQube製品ポータルサイト
http://www.iqube.net
iQubeに関するお問い合わせ
contact@iqube.net
ループス・コミュニケーションズのウェブサイト
http://www.looops.net
お問い合わせ
info@looops.net

■ ループス・コミュニケーションズについて
株式会社ループス・コミュニケーションズは、「ソーシャル・メディアの創造」を企業使命として2005年7月に創業したテクノロジーベンチャーです。ウェブが劇的に変化し、情報を発信するユーザーが新たな時代の主役となりつつある中、 「すべてのウェブをユーザー参加型へと進化させる」ことを目指し、ビジネス機会の最大化を支援しています。ループスは、大手企業を中心に60社を超える企業に豊富な経験と実績に基づいた最適なソリューションを提供しており、SNS構築実績は、CtoC、BtoC、BtoB、BtoEと多岐にわたっています。

2007年には、株式会社ニッセン(代表取締役: 片山 利雄本社:京都市南区)の運営する大規模コマース「ニッセンオンライン」向けにソーシャル・コマース・サイト「ハピテラ」を構築・運用開始した他、NTT番号情報株式会社(代表取締役:片山 利雄 本社:東京都港区)の運営する「iタウンページ」向け地図連動型コミュニティサイト「みんながつくる街」を構築・運用開始するなど、開発力、ソリューション力ともに高い競争力を有しています。

会 社 名: 株式会社ループス・コミュニケーションズ( http://www.looops.net
本 社: 東京都品川区西五反田8-7-11 アクシス五反田ビル 3F
代 表 者: 代表取締役 斉藤 徹
設 立: 2005 年7 月
資 本 金: 237,500千円(2007 年8 月31 日)
事業内容: ソーシャル・ネットワーキングのASP サービス、ソーシャル・ネットワーキングのシステム受託開発、ビジネス・コンサルティング
主要株主:ITファーム、伊藤忠テクノソリューションズ、オリックス・キャピタル、ジャフコ、SOZO工房、電通ドットコム、日本アジア投資、三井ベンチャーズ、三菱商事、安田企業投資、横浜キャピタル等(50音順)

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ループス・コミュニケーションズ マーケティング部
TEL: 03-5719-5106 FAX: 03-5719-5116
EMAIL:info@looops.net
URL: http://www.looops.net
〒141-0031 東京都品川区西五反田8-7-11 アクシス五反田ビル3F

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーマリンク
ページそれぞれを指し示すURLで、時間が経過してもそのURLでそのコンテンツにア ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]