サイト内・イントラネット内検索の全文検索エンジン「WiSE (ワイズ)」最新版を発表!

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ビジネスサーチテクノロジ、
全文検索エンジン「WiSE」の最新版を発表

-------------------------------------------------------
最初のマイナーバージョンアップ
「WiSE V2.1.1」を提供開始!

Red Hat Enterprise Linux 5、CenOS 5、Asianux Server 3を
新たに公式サポート
-------------------------------------------------------

純国産の検索エンジンを開発・販売する、ソフトウェア研究開発・コンサルティングのビジネスサーチテクノロジ株式会社 (本社:東京都千代田区神田須田町1-2-1、代表取締役CEO:城野洋一、以下「BST」)は、多言語対応全文検索エンジン「WiSE (ワイズ)」シリーズの主力製品「WiSE Standard (ワイズ・スタンダード) 」の最新版を発表いたします。

今回発表するものは、WiSE Standard の最初のマイナーバージョンアップにあたる「WiSE Standard Version 2.1.1 (以下「WiSE V2.1.1」) 」で、本日よりご提供を開始いたします。

WiSE Standard は、2007年 8月29日に発表したWiSEシリーズ新体系における主力製品です。いままでご提供してきたV2.1と比較して、今回のV2.1.1では主に以下のような機能の追加・改良が施されています。

■複数類語システム辞書
■対応プラットフォームの追加
■各種機能のブラッシュアップ

対応プラットフォームとしては、数多くのお問い合わせおよびご要望をいただいていたRed Hat Enterprise Linux 5、CentOS 5、Asianux Server 3を公式にサポートいたします。よって、これらの新しいプラットフォームを利用して検索機能を含むシステムを構築されるようなケースにも、お応えできるようになりました。

またBST では、お客様が想定されている利用環境そのものにおいて、まずはご評価いただくことが第一である、と考えております。今回のV2.1.1からは、期間を限定した「評価版」のご提供に関しても、いままで以上に積極的にご要望にお応えしてまいる所存です。

このWiSE V2.1.1 をご提供していくことで、これまで以上に、ECおよびポータル系ウェブサイトはもちろん、ASP/SaaSプラットフォームなどにおいても、より一層お客様の細かいニーズにお応えできる全文検索エンジンWiSEのご採用が進んでいくもの、と考えております。

BST では、市場のニーズに耳を傾け、パートナ企業のお力添えもいただきながら、今後も製品の性能および信頼性の向上に努めてまいります。

■ URL
  ビジネスサーチテクノロジ株式会社
  http://www.bsearchtech.com/

  プレスリリース
  http://www.bsearchtech.com/press/2007/1217.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]