米国コンピュウェア、2007年度の決算を発表

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

1株当たり利益は2007年度第4四半期が0.21ドル、通期が0.45ドル
一株あたり利益は前年比20%以上の増加、2007年度通期の総収入は過去7年間で初めて増加

【2007年5月15日 米国ミシガン州デトロイト発】 コンピュウェア コーポレーション(Compuware Corporation、以下コンピュウェア、NASDAQ:CPWR)は、5月15日(現地時間)、2007年3月31日を期末とする2007年度第4四半期および通期決算を発表しました。 また、取締役会が、証券取引法10b5-1に基づく株式買戻し計画を拡大し、3ヶ月間でさらに最大1,600万株の自社普通株式を買い戻すことを承認したことも発表しました。

コンピュウェアの会長兼CEOのピーター カルマノス ジュニア(Peter Karmanos, Jr.)は、「2007年度は、総収入および1株当たり利益の増加など特筆すべき成果を達成しました。コンピュウェアの主な成長要因であるオープン系製品の総収入が約13%増加し、Covisintの収入が65%増加しました。業績を向上させ、普通株式の買い戻しを推進するべく、来年度もビジネス コスト削減計画を推進します」と述べました。

■2007年会計年度通期の収支決算
2007年3月31日を期末とする2007年会計年度通期の収入は、12億1,000万ドルでした。2007年度通期の純利益は、2006年度の1億4,300万ドルから約10%超増の1億5,810万ドルでした。希薄化後1株当たり利益は、2006年度の0.37ドル(発行済み株式3億8,760万株)から21%超増の0.45ドル(発行済み株式3億5,100万株)になりました。

2007年度通期収入の内訳は、ソフトウェア ライセンスが2億8,340万ドル、メンテナンスが2006年度の4億3,360万ドルから増加して4億5,760万ドル、プロフェッショナル サービスが4億7,200万ドルでした。

■2007年度第4四半期の収支決算
第4四半期の総収入は3億1,300万ドル、純利益は6,750万ドルでした。希薄化後1株当たり利益は0.21ドル(発行済み株式3億1,930万株)でした。

第4四半期収入の内訳は、ソフトウェア ライセンスが7,320万ドル、メンテナンスが1億1,770万ドル、プロフェッショナル サービスが1億2,210万ドルでした。

■2007年第4四半期のハイライト
コンピュウェアの2007年第4四半期のハイライトは以下のとおりです。
- 株式非公開企業のProxima Technology社を買収。同社のCentauri製品により、明確なビジネスの視点からサービスを提供しなくてはいけないというIT部門最大の課題を克服できます。

- LegalTech ConferenceでVantageおよび同製品のアプリケーション サービス管理機能を紹介。また、世界最大の法律事務所の1つであるReed Smithが、アプリケーション性能に関する問題の解決および防止を目的としてコンピュウェアのVantageを導入したことも発表しました。

- ソフトウェアのテスト サービスを提供する効率的なアプローチの策定に特化した総合品質保証ソリューションであるTest Factoryを発売。Test Factoryは、急成長および競争圧力の増加などによって生じる、複雑な各種のビジネスにおける課題の解決を促進する総合的な産業用ソリューションをテスト サービスのアウトソース プロバイダーに提供します。

- 国際的なITサービス企業であるAtos Origin社と共同で、同社が世界的にTest Factoryソリューションを導入することを発表。このソリューションは今後3年間で導入され、20,000人を越える世界各地の同社従業員によって使用されているテスト ツール、プロセス、および手順を標準化する予定です。Test Factoryによって、同社はサービス品質の向上、デリバリーコストの削減、海外支社への迅速でシームレスな業務の移転を実現できます。

- キャリアと契約医療機関との間での臨床情報交換の標準化および自動化の実現に向けてCovisintのホストITインフラストラクチャを使用することをCIGNA HealthCare社と完全に合意。

- 品質保証(QA)部門が品質プロセスを効果的に実施および監視するために必要なツールを装備することで、より高品質なアプリケーションを提供できるようにするQuality Managementを発表。このソリューションは、QA部門がITライフサイクル全体にわたって品質の向上と管理を段階的に実現できるよう支援し、品質ガバナンスへと導きます。

- Hiperstationを使用し、社内の権限ユーザーが悩まされるメインフレーム データおよびアプリケーション セキュリティに関する問題に対応するApplication Auditingソリューションを発表。

- Compuware Uniface 9.1の販売開始。このバージョンには開発生産性の向上を実現する多くの機能拡張が含まれており、Web、Windows、Unix、メインフレームを含む様々な環境のエンタープライズ アプリケーションの開発および導入をより効果的に行うことが可能となります。

- アプリケーション開発ソリューションの2製品であるDevPartner StudioおよびDevPartner SecurityCheckerが、CRN Magazine誌およびTech TargetのSearchVB.comで、それぞれ2006年のトップ プロダクトに選ばれました。

- Black MBA Magazineの「Top 50 Companies for Black MBAs to Work」(黒人MBA取得者の職場として最適な企業トップ50社)に2年連続で選出されたことを発表。コンピュウェアは、ランク入りしたハイテク企業の中では2番目に高い、第33位の座を獲得しました。

■コンピュウェアについて
コンピュウェア コーポレーション (NASDAQ: CPWR) は、企業経営とIT資産価値の最大化を支援するためのソフトウェアとサービスを提供する世界的なリーディング カンパニーです。コンピュウェアのソリューションは、開発期間の短縮、品質の向上、ビジネスを支えるアプリケーションのパフォーマンス強化を実現します。1973年に設立されたコンピュウェアは、Fortune 100社中90%以上を含む世界23,000社の大手企業のビジネスに貢献しています。詳しくは、http://www.compuware.com/をご覧ください。

免責条項(米国)
当社の今後の計画や目標および売り上げ予想などに関するものを含み、本文中の将来に関する記述は、米国連邦証券法の意義の範囲内における「見通し的記述」です。こうした見通し的記述は、リリース当日時点における当社の展望を説明するものです。いかなる見通し的記述も正当なものであると考えておりますが、本文の記述は、当社の現段階における可能性に基づいたものであるため、結果が本文の記述と異なる可能性があり、リスクや不確定要素の影響を受けやすいものでもあります。当社についてのリスクと不確定要素は、証券取引委員会に登録されている企業報告書の中で審議されています。見通し的記述に依存する際には、こうした要素を参照、考慮する必要があります。適用法により規定されているものを除き、当社はいかなる義務も負わず明確にこの義務を拒否し、新しい情報や未来のできごとの結果により、あるいはそうでない場合においても、この「見通し的記述」の改正または変更を行うものとします。

※文中に記載された名称は、各社の商標または登録商標です。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]