よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

アライドアーキテクツ株式会社の執行役員、瀧口さんにお話を伺ってきました。第2回目の今回は、クチコミコンテンツ構築パッケージ『edita(エディタ)』を始めるにはどうしたらいいのか、具体的なお話を伺っております。

まず『edita(エディタ)』を開始するにあたり、運営者によって数十名~のブロガーをリクルーティングしてくる必要があります。記事はブロガーに頼んで書いてもらうような方法は取らず、そのブロガーがテーマに沿った記事をアップロードしてきたときだけ、拝借するようなシステムになっているそうです。ブロガーが10名~20名の人数でも『edita(エディタ)』の運営は可能ですが、テーマやブロガーの更新頻度により、調整することが必要です。

また、記事は承認制になっているので、運営者側は内容を見て公開したり、非公開にすることもできます。しかし、あまりネガティブな記事だからと言って削除すると、情報の公平性が失われてしまうため、あまり好ましくはないようです。

現在の消費者は、企業が作った広告の美辞麗句はあまり信用しなくなっています。それよりもむしろ、生のユーザの意見などを利用していく方が、商品に興味を持ったり、購入動機を刺激するようなことがあるようです。

-------------------------------------------------------
■配信元(インタビュー音声が聴けます) マーケティングブロードキャスト"マケブロ"
iTunesに登録する方はここをクリック
RSSリーダーへの登録はこちら 
★インタビューー集(10社60ページ分)のダウンロードはこちらから(要登録)
-------------------------------------------------------

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]