水中音響通信市場ーインターフェイスプラットフォーム別(センサーインターフェース、音響モデム、その他)、通信範囲別、アプリケーション別、エンドユーザー別、および地域別ー世界的な予測2030年

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年07月22日(木)
SDKI Inc.
SDKI Inc.が「水中音響通信市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年07月22日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。 レポートのサンプルURL https://www.sdki.jp/sample-request-109268



水中音響通信市場は、2022年に22.0 億米ドルの市場価値から、2030年までに54.4億米ドルに達すると推定され、予測期間中に13.8%のCAGRで成長すると予想されています。

石油・ガスおよび海軍防衛部門での水中音響モデムの採用の増加は、水中音響通信市場の成長を推進する主な要因です。さらに、信頼性が高く、大容量の水中音響ネットワークに対する需要が高まっています。これは、浅瀬地域を通じた情報伝達信号の伝播の困難を克服するために、過去10年間に大量の研究が行われたためです。さらに、特に環境保護のための水中探査活動の増加、および高速で一貫した防衛および国土安全保障通信に対する需要の高まりは、水中音響通信市場の成長を促進すると予想されます。優れた水中通信には、非常に大容量の水中音響ネットワークが必要です。水中ネットワークには、展開された大量の車両とセンサーが含まれます。水中音響通信は、海洋データ収集、海洋探査、汚染監視、および監視に関連する戦略的アプリケーションに使用できます。

しかし、水中の音速が比較的遅いため、データ送信の制限された速度、および遅い配信速度により、この市場の成長が制限される可能性があります。

市場セグメント

水中音響通信市場は、インターフェイスプラットフォーム別(センサーインターフェース、音響モデム、その他)、通信範囲別(浅瀬の範囲、中程度の水域、長い水域、フルオーシャンレンジ)、アプリケーション別(環境モニタリング、汚染モニタリング、気候記録、水路学、海洋学)、エンドユーザー別(石油・ガス、軍事・防衛、科学研究・開発、海洋)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

通信範囲に基づいて、中程度の水域セグメントは、予測期間中に最も速い速度で成長すると予想されます。未踏の海の深さは、将来の産業開発と商業活動を監視および制御するためのアプリケーションの可能性が高いです。これらの活動には、油または鉱物の抽出に関連する水中機器、および水中パイプラインまたは商業漁業が含まれます。企業は、石油・ガスの探査、および科学的研究開発のための中距離浅水通信システムに移行しています。これにより、海底での水中音響通信市場の新しい成長の機会が生まれます。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域の水中音響通信市場は、2022ー2030年の間に高成長を遂げます。軍事費の増加、新興経済国でのエネルギー需要の増加、およびさまざまなアプリケーション分野でのUUVの採用の増加などの要因が、アジア太平洋地域の水中音響通信市場の成長を後押ししています。鉱山探査および海洋学研究のためのAUVの需要は、過去数年間で大幅に増加しています。さらに、インドや中国などの発展途上国の軍事力の高まりにより、アジア太平洋での水中音響通信の需要が高まると予想されます。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

市場の主要なキープレーヤー

水中音響通信市場の主要なキープレーヤーには、eledyne Technologies(米国)、Kongsberg Gruppen(ノルウェー)、Thales Group(フランス)、Ultra Electronics(英国)、Sonardyne International(英国)、Evologics(ドイツ)、DSPComm(オーストラリア)、Mistral(米国)、Nortek(ノルウェー)、 Aquatec Group(英国)、Baltrobotics(ポーランド)、Tritech International(英国)、Gavial Holdings(米国)、Hydroacoustic(米国)、LinkQuest(米国)、AquaSent(米国)、Proserv(英国)、Subnero(シンガポール)、RTSys(Caudan)、G5 Scientific(米国)、JPAnalytics(米国)、Seagnal(フランス)などがあります。この調査には、水中音響通信市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/underwater-acoustic-communication-market/109268

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

被リンク
自分のサイトにリンクを張ってもらうこと、または張ってもらったリンクのこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]