SO Technologies、お客様とお店を繋ぐインフラサービス『ライクル LINE』を正式リリース

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2020年04月13日(月)
ソウルドアウト株式会社
最新の情報を即時に届けられる、LINE公式アカウントの運用をより手軽に

 地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役会長CGO:荻原 猛、以下ソウルドアウト)の連結子会社であるSO Technologies株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:山家 秀一、以下 SOT)は、お客様に最新の情報を即時に届けられるLINE公式アカウントをより手軽に運用可能にするサービス『ライクル LINE』を、2020年4月13日に正式にリリースいたします。


■お客様とお店を繋ぐインフラサービス『ライクル LINE』のサービス内容
・LINE公式アカウントをより手軽に運用できる自社開発ツールのご提供
・運用代行サービス(アカウント開設、審査代行、初期設定、メッセージ配信代行(月5回まで)、簡易運用方針作成、事例・最新情報の共有)



■市場背景
 日々刻々と変化する社会情勢の中、サービス業をはじめとした店舗を運営する全国の企業様は、営業時間の変更や休業、新しいサービスの開始や既存サービスの内容変更など、日々の情勢に応じた対応を迫られています。

 一方で、店舗側からお客様に正確な情報を即時に伝える手段は限られており、ホームページへの掲載やSNSでの発信だけでは、日頃からご愛顧頂いているお客様に、最新の情報が届いていない場合があります。

 LINE株式会社が提供する「LINE公式アカウント」は、全国8,300万人(※1)が利用するコミュニケーションツール「LINE」で友達登録をすることで、店舗や企業のアカウントから、直接お客様に発信できるサービスです。日頃からご愛顧頂いているお客様に最新の情報をお伝えすることは、今後の店舗運営においてさらに重要になってきます。しかし機能への理解不足、発信すべき内容が分からないなど様々な理由から、アカウント作成をしたものの更新していない店舗や企業が多くあります。

■『ライクル LINE』について
 SOTは「“稼ぐ力”をこの国のすみずみまで。」をミッションに、「日本中、どこでも、だれでも、カンタンに、その情熱を稼ぐ力に変えるデジタル集客プラットフォームを創る。」べく、日本全国の中小・ベンチャー企業に最適なサービスを提供しています。

 お客様とお店を繋ぐインフラサービス『ライクル LINE』は、1店舗あたりの集客に大きな予算をかけることのできない個店・多店舗を運営する企業様向けに、LINE公式アカウントをより手軽に有効活用することを目的として、ご提供するサービスです。本サービスでは、簡単にメッセージ配信やセグメント配信が行える自社開発ツールの提供のほか、アカウント開設・設定からメッセージ配信の企画・配信、改善施策のコンサルティングを行う「運用代行サービス」にて、一気通貫でサポートしており、お客様の困りごとに合わせて、それぞれ単体でご利用いただくことも可能です。

 この度、ツールの管理画面を視覚的に操作できるよう大幅にリニューアルしたことに加え、メッセージ配信テンプレートの追加、アンケート機能を実装いたしました。ツールのみのご利用であれば、1アカウントあたり月額3,000円でご利用いただけます。

 LINE公式アカウントの正規代理店としてブロンズパートナー認定を受けているSOTは、『ライクル LINE』を通じて、LINE公式アカウント運用における困りごとを解決します。多くの店舗及び企業様が「いま届けたい情報」を即時にお客様にお伝えできることで、お客様と店舗のコミュニケーションをご支援いたします。

 SOTは今後も、“稼ぐ力”を日本全国に広げていくため、テクノロジーを駆使したプラットフォームの開発・提供を通じて、企業様の集客課題の解決に努めてまいります。

【このような課題をお持ちの企業様におすすめです】
・お客様に最新の情報を即時に伝えたい
・LINE公式アカウントを開設したい
・LINE公式アカウントを開設したが満足に運用できていない
・地域ごとなどのセグメント配信を簡単にしたい
・LINE公式アカウントをどのように運用すべきか相談したい
・運用に割く工数がない
・ユーザーの嗜好、傾向に沿い、ニーズに合ったマーケティングを実施したい

【ご利用料金】
・ツールのみ利用 3,000円/1アカウント(ライクル LINEユーザーID)
・運用代行サービス
(アカウント開設、審査代行、初期設定、メッセージ配信代行(月5回まで)、簡易運用方針作成、事例・最新情報の共有) 50,000円/月
詳細・お問い合わせ:https://www.lycle.jp/line/
※ 2020年4月時点では、ツール料金に含まれているアンケート機能をご利用いただく際は、SOTへご依頼いただく形となります。
※ ツールの利用料金は、「ライクル LINE」ユーザーIDの1アカウントあたりの金額となります。2020年4月時点では、LINE公式アカウントの接続数に上限はございません。

■ツール・リニューアル詳細
1. 配信画面リニューアル
画面の遷移をなくし、最小限のステップでメッセージの作成~配信が可能となるUI/UXへリニューアルいたしました。


2. アンケート配信機能 【新機能/β版】
アンケート配信機能が実装されました。これにより、ユーザーの嗜好や属性などを取得し、マーケティングリサーチが可能となります。NPS(ネット・プロモーター・スコア)調査への活用も可能です。
※4月1日時点ではβ版となり、ツール上での配信設定はできないため、ご依頼いただく形となります。


3. フレックスメッセージ配信機能
自由度が高い反面、作成に技術が必要となる「フレックスメッセージ」機能を、『ライクル LINE』オリジナルテンプレートを使うことで、作成から配信まで手軽にご利用いただけます。
現在、「クーポン」「おすすめ商品」「空席情報」など、店舗集客で利用頻度の高い全6種類のテンプレートをご用意しております。また、1メッセージで5つの吹き出しが配信できるようになるため、より幅広いメッセージ展開が可能です。


4. グループ配信機能
独自の複数アカウント管理機能として、「クライアント設定」をご用意しております。
お申し込みの際に、複数のアカウントを管理したい単位にてグルーピングして登録することが可能です。
メッセージ配信時は、クライアントの中から配信したいアカウントを任意で選択することもでき、状況に応じてクライアント内のすべてのアカウント、もしくは任意のアカウントへの配信設定を柔軟に行うことができます。

参考資料
※1 2019年12月時点
※LINEは、LINE株式会社の商標または登録商標です。

SO Techonologiesとは
SO Technologiesは、「“稼ぐ力”をこの国のすみずみまで。」をミッションに掲げ、「日本中、どこでも、だれでも、カンタンに、その情熱を稼ぐ力に変えるデジタル集客プラットフォームを創る。」のビジョンに向かい、サービスの開発・提供をしています。
提供サービスは店舗集客支援サービス『ライクル』、運用型広告の統合管理プラットフォーム『ATOM』、広告運用代行サービス『CUSTA』、デジタルマーケティング専門人材育成サービス『ジッセン!』など。

SO Technologies株式会社 概要
会社名:SO Technologies株式会社
東京本社:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4 龍名館本店ビル4F・6F
名古屋オフィス:〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-19-19 広小路センタープレイス2F
沖縄オフィス:〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山7-10-25 プロト宜野湾ビル3F
代表者:代表取締役 山家 秀一
設立:2013年4月2日(社名変更:2019年7月1日)
HP:https://www.so-tech.co.jp

ソウルドアウト株式会社 概要
会社名:ソウルドアウト株式会社
本社:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-4 龍名館本店ビル4F・6F
代表者:代表取締役会長CGO 荻原 猛
設立:2009年12月16日
HP:https://www.sold-out.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Advanced Search
「より高度な検索」のこと。「絞り込み検索」「検索オプション」と表現されることも多 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]