マーケ支援のBLAM、複業の「カイコク」連携第二弾、「成果探求型動画広告パッケージ」を開始

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2021年10月14日(木)
株式会社BLAM
獲得型広告での知見を活かし、成果に繋がる動画広告を実現

マーケティング・デザインスキルを持つ人材の複業マッチングサービス「KAIKOKU(カイコク)」を運営する株式会社BLAM(ブラム、所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:杉生 遊、以下「当社」)は、この度マーケティング支援事業において、インストリーム動画広告とアウトストリーム動画広告を組み合わせた「成果探求型動画広告パッケージ」の提供を開始いたします。






■提供背景

 当社はデジタルマーケティング支援事業と、複業したいマーケティング・クリエイティブ人材と企業をマッチングする複業マッチングサービス「カイコク」を運営しています。またデジタルマーケティング支援事業において、既に500社を越える企業様のマーケティング支援をしております。
 2021年2月に株式会社電通が発表した「2020年 日本の広告費」によると、総広告費は6兆1594億円(前年比88.8%)と前年を大きく下回る結果になったもののインターネット広告媒体費については1兆7567億円(前年比105.6%)と伸長、中でも動画広告は3,862億円(前年比121.3%)とその他広告手法と比較しても大きな伸び幅となりました。

 このように動画広告の活用は年々増加傾向にあるものの、検索連動型広告やディスプレイ広告と異なり直接アクションに繋がりにくいことから、特に運用型広告において以下のような課題をお持ちの企業様が多くいらっしゃいます。
・動画広告(コンテンツ)の質に左右される、一度制作したら修正が困難
・掲載して完了状態、動画広告による成果/KPIが曖昧
・PDCAのイメージがわかない、BLS(*注1)等調査結果の活用方法が不明

 そこで当社ではこれらの課題に対応するために、定量的KPI設計から定性情報を用いたPDCAまで実現可能な成果探求型の運用型動画プランをご用意しました。テストマーケティングとして実施したい広告主のために少額からの利用が可能となっております。デジタルマーケティング支援事業やカイコクを通じた支援において「費用対効果」にこだわってきた当社だからこそ、動画においても成果を探求してまいります。また、カイコクに登録いただいている動画制作のプロへの制作依頼ができるため、より柔軟にPDCAを回していくことが可能となります。

*注釈1 BLS:Brand lift Surveyとはブランドの認知度/好感度調査を指す。動画広告接触者に対し事後的にアンケートを実施。非接触者との差異でリフト効果があったかどうかを可視化する手法。


■「成果探求型動画広告パッケージ」

 昨今話題となっている成果直結型のYouTube動画広告(VAC:VideoActionCampaign)のサポートからアウトストリーム動画の有効活用までサポートします。



 特にアウトストリーム動画については検索(広告)への寄与の可視化や定性データ(調査データ等)を用いたPDCAまでを実現、本動画プランの特徴は以下の通りとなっております。


特徴:
・動画広告からの成果への可視化や検索(広告)への寄与の可視化
・動画広告を実施することによりその他運用型広告への影響範囲の可視化
(具体的には、全運用型広告施策における許容CPA内での動画出稿プランを事前にプランニング)
・定性データの活用による消費者の顕在ニーズや潜在ニーズを把握しターゲティングや訴求軸に反映させたPDCAの実現

 このようにBLAMでは運用型動画広告を単体で評価するのみならず他施策絡めて統合的に運用を実施し広告主の成果面でお役に立てるように支援します。

料金:
・YouTube動画広告支援:100万円~
・アウトストリーム動画広告支援:300万円~
※第三者計測ツールの有無や計測地点、動画クリエイティブ入稿本数等によって料金変動あり

動画制作オプション:
・カイコクを通じて動画制作のプロに依頼可能
・個人への発注となるため、会社への発注対比で余計なコストが抑えられる
・当社が制作段階より関わるため、マーケティング観点での制作が可能
・制作物に関するやりとりは当社にて対応するため、手間がかからない

問い合わせ先:
https://blam.co.jp/service-contact


■事例

導入事例:
中高年女性向け美容商材

導入前の背景:
・コロナ禍の影響もあり費用対効果を重視した検索広告を中心に出稿していたが、母数に限界があり検索に繋げるための新しい施策を模索していた
・一方で、検索広告以外の手法を実施するにあたっての最適なターゲティングや訴求軸について確証をもてるデータを持ち合わせていなかった

導入プラン:
 アウトストリーム動画広告

導入後:
検索広告を絡めた動画出稿プランとKPIを提示。定性データを用いたターゲティングと訴求軸をクリエイティブに展開。動画広告を実施したことによる有意な検索数の伸びがあり、全施策合算の目標CPAをクリア。また定点的な定性調査等を実施したことで商品購入ペルソナ像も明確になった。

カイコクに登録している動画制作者例:
■A様
全国一流ホテルを中心にクリエィティブディレクターとして、Web、プロジェクションマッピング、映像演出の企画からディレクション、デザインを担当。

■B様
・アニメーションによる企業のサービス紹介動画、動画広告をメインに制作。
・商品・サービス紹介動画、会社紹介動画、IR動画など企画~制作まで対応可


カイコクとは

KAIKOKU(カイコク)とは、複業したいデジタル・マーケティング人材と企業をマッチングする複業マッチングサービスです。全国に20,000人いるデジタルマーケターの3人に1人を占める、約7,000人が登録しています。働き方の選択肢を増やし、弊社のビジョンである「ハタラクを叶える」を進めて参ります。

■KAIKOKU(カイコク)
https://kaikoku.blam.co.jp/
■KAIKOKU(カイコク)企業向けサイト
https://kaikoku.blam.co.jp/client


BLAM 会社概要

会社名 :株式会社BLAM
所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目14−13 岡崎ビル3F
設立 :2015年4月
代表取締役社長 :杉生 遊
資本金 :3,035,000円
会社URL :https://blam.co.jp
複業支援サービス(カイコク)URL :https://kaikoku.blam.co.jp
芋洗坂宣伝係長「カイコクしなさい」PV
https://www.youtube.com/watch?v=4wzXaskVNtY
株式会社BLAMのプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/30645
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]