若手の登竜門を目指し初開催されたクリエイティブアワード 『U35 Creative & Communication Award 2023』結果発表

リリース情報提供元: プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
2023年12月08日(金)
公益社団法人日本アドバタイザーズ協会 デジタルマーケティング研究機構
最優秀賞、優秀賞を表彰する授賞式を開催











日本の有力なアドバタイザー企業・団体自らが共同して、広告活動の健全な発展に貢献することを目的とする公益社団法人日本アドバタイザーズ協会 デジタルマーケティング研究機構(以下、DMI)(所在地:東京都中央区銀座、代表幹事:中村 俊之)は、デジタルクリエイティブ業界の発展に取り組む一般社団法人Interactive Communication Experts (所在地:東京都港区、理事長:阿部 淳也、略称:I.C.E、呼称:アイス、URL:http://i-c-e.jp/)と、今年初開催した35歳以下のビジネスパーソンを対象とするクリエイティブアワード『U35 Creative & Communication Award (略称:U35 C&CA)』の受賞者を発表いたします。

















若手に挑戦と経験の機会を提供することを目的として、I.C.E.とDMIが企画、2023年9月19日~2023年11月21日(火)の期間開催したクリエイティブアワード『U35 Creative & Communication Award 2023』の受賞者を発表いたします。また、栄えある受賞者と審査員らを招いた授賞式を、2023年12月7日(木)に東京都港区白金台の八芳園にて執りおこないました。

さまざまな企画の仕事に携わる35歳以下のビジネスパーソンが、コミュニケーション課題を解決するアイデアとクリエイティブを競う『U35 Creative & Communication Award』は、この度初開催、株式会社ブレインスリープ様より実際の事業に即した課題をご提示いただき、応募者は企画書形式でエントリー、一次審査より選出された5組のファイナリストがおこなった最終審査会のプレゼンテーションから、厳正なる審査のもと、最優秀賞1点・優秀賞1点が決定しました。

『U35 Creative & Communication Award 2023』受賞者


最優秀賞(1点)
・高井 佑輔(32)株式会社パズル ディレクター/プロデューサー
・中村 はづき(31)株式会社パズル ディレクター/デザイナー
アイデアの概要:
最優秀案は実際に企画の実行を検討しているため詳細は割愛させていただきます。
最優秀賞を受賞したポイントは以下の通りです。
・ブレインスリープ社の提示した課題や目的に対して明確に応えうるアイデアであったこと
・アイデアの新規性が高く、発想力の高さが他の案に比べて抜きん出ていたこと
・課題になっていたブレインスリープの商品を、実際に使ってみたいと思わせる、人が動くイメージが具体的だったこと
・昨今の技術トレンドなども踏まえた企画提案となっていたこと
コメント:
「提出のギリギリまで熟考を重ねた企画でこのような賞をいただけ、喜ばしく思います。最後まで考え続けることの大切さを身をもって感じました。新しいデジタル技術を取り入れながらも、ワクワクする、人の心を動かすコンテンツ企画に今後も取り組んでまいりたいです」(高井)
「純粋に、嬉しい、その一言です。高井と話し合いながら、自由に企画に合うデザインができ、つくる楽しさを再認識いたしました。また、他参加者の発表から学びも多く、次回参加の際にも活かしていきたいです」(中村)
















優秀賞(1点)
・森岡 日菜子(22)株式会社ADKクリエイティブ・ワン/デザイナー
・太田 亘九(28)株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ/プランナー
アイデアの概要:
社会課題と生活者意識、競合との比較から絞ったターゲット層へのリーチとブレインスリープ コインの価値拡大を訴求するため、睡眠スコアを採用活動に活用する「睡眠採用プロモーション」を提案。PR/広告展開/パブリシティの3軸で具体的性のある広告施策を横断的に設計し、睡眠リテラシーの向上とブレインスリープ コインの利用促進を狙った。斬新なキャッチコピーが入るキービジュアルが話題化を期待させる内容。
コメント:
「1年目でアワードに挑戦して賞を獲りたいという目標を叶えられ、自信に繋がりました。次回挑戦する際には、最優秀賞を獲れるよう、努力していきたいです。本アワードで学んだ視点も取り入れ、広告領域にとどまらず提案をしていくなど、今後のブランディング業務にも繋げていきたいと思います」(森岡)
「大変緊張いたしましたが、普段の業務領域とは異なるコミュニケーション戦略を、アウトプットまで自らの手でカタチにする挑戦ができ、結果に繋げられ、安堵しております。この経験を今後に活かしていきたいです」(太田)
















『U35 Creative & Communication Award 2023』審査について



池城 安雲(課題提供会社 / 株式会社ブレインスリープ)コメント
スリープテック領域にも取り組む弊社の商品のなかでも「ブレインスリープ コイン」は、睡眠の新たな可能性を広げていくための、挑戦的なアイテムです。市場拡大が期待される商品が、若手を対象にした本アワードとマッチするのではないかと思い、今回課題として提供させていただきました。全体を通して、外部データを含めた分析・考察をするなど「ブレインスリープ」「ブレインスリープ コイン」についてよく調べたうえでご提案いただけたと感じております。
選考においては、アイデアの鋭さが光りながらも、それが企業としてブランドとしての課題解決に最終的に繋がっているかどうかは注目し、審査に参加させていただきました。受賞された2作品については、企画全体の構成がより素晴らしいものであったと思います。
また、私自身としましては、皆様のフレッシュな姿勢にハッとさせられ、改めて仕事に真摯に向き合っていきたいと感じる貴重な機会となりました。
廣澤 祐(DMI U35 Project代表 / 花王株式会社)コメント
一次審査も含めて提出されたすべての企画書を拝見し、非常に様々な切り口のアイデアに触れ、審査員としても新たな気づきを得る貴重な経験となりました。
その中でも、ファイナリストに選出された5組はとりわけ発想力や説得力に富み、企画書自体の工夫も凝らされた非常に応募者の熱量を感じる内容だったと思います。最優秀賞と優秀賞の2組におかれましては、さらにその先の具体性や施策の展開可能性まで練られており、審査員たちの期待が膨らむ優れた企画だったことが受賞に繋がったのではないかと思います。
本アワードは初開催にあたり準備から授賞式まで、課題提供いただいたブレインスリープ様を筆頭に非常に多くの関係者に支えられながら実現しました。初開催でありながら多くの若手ビジネスパーソンに関心をお寄せいただき、多数の魅力的な企画書をご応募いただいたこと、改めて心より感謝申し上げます。
来年も本アワードをさらに発展させていきたいと考えておりますので、今後ともご関心をお寄せいただけますと幸甚です。
審査員
池城 安雲(株式会社ブレインスリープ)、中野 寛之(株式会社ブレインスリープ)、廣瀬 祐(花王株式会社)、
竹内 早映子(株式会社サンギ)、ほか

■『U35 Creative & Communication Award (U35 C&CA)』とは



『U35 Creative & Communication Award』は、さまざまな企画の仕事に携わる35歳以下のビジネスパーソンを対象に、挑戦と経験の機会を提供することを目的として開催する、年1度のクリエイティブアワード。協力企業様より実際の事業に即した具体的な課題をご提示いただき、応募者は企画書形式でエントリー、コミュニケーション課題を解決するアイデアとクリエイティブを競います。
座学や職務上だけでは学べない、より実践的な思考力や課題解決力を鍛えることができる本アワードをとおして、若手のみなさんが、経験も実績も自信も得られる機会を提供するため、クリエイティブ領域の業界団体である一般社団法人I.C.E.と、マーケティング領域の業界団体である公益社団法人日本アドバタイザーズ協会デジタルマーケティング研究機構が共催しています。
運営事務局メンバー:
<デジタルマーケティング研究機構U35 Project>
花王株式会社:廣瀬 祐
花王株式会社:白水 あすか
カゴメ株式会社:細川 和紀
ソニーマーケティング株式会社:工藤 康平
株式会社サンギ:竹内 早映子
パーソルキャリア株式会社:小山 貴弘
株式会社リクルート:笹瀬 園子
<I.C.E. U35 Project>
株式会社D2C ID:星田 恵美令
株式会社ガジェログ:瀧田 凱斗
株式会社ナディア:井上 佳樹
株式会社パズル:脇田 洋輔
株式会社フォーク:長広 竜一
株式会社ワンパク:山地 夏菜子
https://dmi.jaa.or.jp/general-browse/view/3613

デジタルマーケティング研究機構とは



公益社団法人日本アドバタイザーズ協会 デジタルマーケティング研究機構(Digital Marketing Institute)は、1999年4月1日、社団法人日本広告主協会(現:日本アドバタイザーズ協会)ディジタルメディア委員会内の研究会を母体として発足しました(発足時名称:Web 広告研究会)。
業界の枠を超えてウェブ広告・マーケティングに取り組む全てのプレイヤーによる研究活動を行う場として、インターネット上の広告展開における、さまざまな課題について、広告主と関連企業・団体(広告会社、メディアレップ、媒体社、調査会社、システム提供会社など)が共通の場で研究活動を行うことにより、インターネット上の広告の健全な発展を促進することを目的としています。
定期的なフォーラム・セミナーの開催のほか、各種広告手法の効果実証実験、企業サイトのプロデュースの研究とその評価、個人情報保護問題への取り組み、ブロードバンド・モバイル環境の研究、生活者のメディア接触変化の研究などの幅広い活動を9つの委員会と4つのプロジェクトで行っております。
◆会員社(2023年3月31日現在)334社
◆代表幹事 中村 俊之(株式会社ポーラ)
◆事務所 〒104-0061 東京都中央区銀座 3-10-7 ヒューリック銀座三丁目ビル 8階
◆ホームページ https://dmi.jaa.or.jp

I.C.E.(Interactive Communication Experts)とは



I.C.E. (Interactive Communication Experts) は、「各社が切磋琢磨しつつも、協力関係を築き、デジタルクリエイティブ業界の発展に貢献する」ことを運営理念とし活動する一般社団法人です。プロダクションやエージェンシーをはじめとしたデジタル系クリエイティブに携わる24社が加盟、「デジタルクリエイティブ業界の今を見すえ、魅力的な未来をつくる」というビジョンを掲げ、様々な取り組みをしています。
◆ホームページ http://i-c-e.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
このページは、PR TIMESから提供されたニュースリリース情報を表示しています。
プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
PR TIMESのリリース情報をもっと見る
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
Google Search Consoleの旧称。 同義語 の「Googl ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]