プレイドがAI支援開発「KARTE Craft」にサイトホスティング機能「Craft Sites」追加

標準搭載の「Craft Sites Copilot」でAIによるプロダクト活用やサイト作成を支援

CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」を展開するプレイドは、サーバーレスでほしい独自機能やアプリケーションをAI(人工知能)支援で開発できる「KARTE Craft(カルテクラフト)」にサイトホスティング機能「Craft Sites(β版)」を追加したと6月19日に発表した。標準搭載のAIによるプロダクト活用・サイト作成支援機能「Craft Sites Copilot(β版)」でHTMLコードや画像を生成して、サイトのコンテンツ作成を支援する。

Craft Sitesは、通信を暗号化する電子証明書の「SSL証明書」の取得・更新やサーバーの設定・管理などサイト作成に必要な作業なしに、あらゆるファイルをホスティングできる。AI支援のCopilotにWebサイト設計図のワイヤーフレーム画像を読み込ませると、それに応じたHTMLコードを出力する。参考画像と自然言語によるプロンプト(指示文)で作りたい画像を指定し、イメージ通りのクリエイティブを容易に作成・調整できる。

Copilotは、単一のAIモデルではなく、複数のAIモデルをその特徴や強みに応じて使い分けている。コード生成/改善には「GPT-4o」をはじめとしたMicrosoftの「Azure OpenAI Service」やGoogleの「Gemini 1.5 Flash」を、画像生成にはGoogleの「Imagen 2」を中心的なAIモデルに採用している。今後も複数のAIモデルを組み込み、その強みに応じて活用場面を使い分けられるようにプロダクトを改善していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]