Web広告施策、最も効果的だった改善は「ファーストビューの訴求変更」【リンクアンドパートナーズ調べ】

現在行っている広告施策は「SNS広告」が最多。

リンクアンドパートナーズは、「Web広告施策」に関する調査結果を発表した。現在行っている広告施策、もっとも効果があったと感じた施策、具体的な課題などについて、広報責任者(Web広告施策を推進している担当者)508人が回答している。

「動画広告」「インフルエンサー広告」「漫画広告」に伸びしろ?

まず「現在行っている広告施策」(複数回答可)について聞くと、「SNS広告」55.3%、「バナー広告」36.4%、「リスティング広告」35.4%が上位だった。頭ひとつSNS広告が飛び抜けているが、「動画広告」「インフルエンサー広告」「漫画広告」なども採り入れている企業が少数ながら存在した。

「現在の広告施策に課題を感じていますか?」と聞くと、「とても感じている」37.4%、「やや感じている」53.7%で、9割超が課題を感じていた。

そして「課題を解決するために実施した改善施策のなかで、上手くいったもの」では、「ファーストビューの訴求を変更」25.3%が最多で、「ターゲットに合わせた広告配信」22.3%、「LP・バナーで漫画を活用」21.8%、「CTAの文言を改善」21.8%などが上位だった。

調査概要

  • 【調査対象】企業の広報責任者
  • 【調査方法】リンクアンドパートナーズが提供する調査PR「PRIZMA」によるインターネット調査
  • 【調査時期】2024年5月20日~21日
  • 【調査人数】508人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]