トライアルとNTTが補充発注の自動化などサプライチェーンマネジメント最適化で提携

デジタルツインコンピューティング技術でリテール業界の店舗運営・物流効率化を目指す

九州を地盤にディスカウントストア運営やリテールAI(人工知能)事業を展開するトライアルホールディングスと日本電信電話(NTT)は、リテール業界のサプライチェーン(供給網)マネジメント(SCM)の最適化を実現するため共同検討と研究開発に関する連携協定を締結した、と1月22日に発表した。メーカ・卸・小売のデータを融合してリテール業界の店舗運営の効率化や物流効率化、顧客価値向上の実現を目指す。

「DTC-SCM」取り組み概要

現実世界(リアル)から収集したデータをあたかも双子(ツイン)のようにコンピュータ上で再現するデジタルツインコンピューティング(DTC)技術を活用したサプライチェーンマネジメント(DTC-SCM)を目指す。トライアルが持つリテール業界の知見・店舗・商品販売データと、NTTが持つデータサイエンス分野の知見と技術を生かし、商品カテゴリごとに異なるサプライチェーンや購買傾向も加味して最適化する。

補充発注を自動化して売場欠品によるチャンスロスと廃棄ロスを削減するほか、物流効率化やプラノグラム(棚割最適化)、1to1マーケティング(ターゲティング型マーケティング)などに1月から取り組む。トライアルは惣菜自動値下げやAIカメラによる売場状況の把握と顧客行動解析などのリテールDX(デジタル変革)を推進してきた。NTTは傘下のNTTスマートデータサイエンスセンタでDTCによる価値創造と社会課題解決に取り組んでいる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトイン
何らかの選択を望んですること。 広告メールを受け取ることなどを、ユーザーが ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]