大学生のリアルな流行語TOP3は「なぁぜなぁぜ」「蛙化現象」「ひき肉です」【RECCOO調べ】

SNS流行語大賞2023、Z世代の間で特に流行っていたトレンドワードは?

RECCOOが運営するZ世代特化のクイックリサーチサービス「サークルアップ」は、「SNS流行語大賞2023」に関する調査レポートを発表した。イー・ガーディアンが公開したSNS流行語大賞2023について、「本当に流行っていたか」を大学生200名に聞いている。

本当に流行ってた? Z世代のリアルなトレンドワード

大学生間での流行語ベスト5

「SNS流行語大賞2023」にノミネートされていた流行語について、流行っていたという実感があるかを聞いたところ、大学生間での流行語ベスト5はこのようになった。

  • 1位 なぁぜなぁぜ
    疑問や不満をマイク片手に問いかけるスタイルで、ショート動画などで流行。
  • 2位 蛙化現象
    両想いになった途端相手に嫌悪感を抱くこと。近年は「あるきっかけが原因で、好きな人にさめること」という意味でも使われる。
  • 3位 ひき肉です
    YouTuberグループ「ちょんまげ小僧」のメンバーである「ひき肉」によるあいさつ。
  • 4位 かわちい
    「かわいい」を幼く言い換えたもの。「ちゅき」「うちゅくしい」なども。
  • 5位 スイカゲーム
    フルーツをテーマにした落ち物パズル系ゲーム。
大学生間での流行語ワースト5

一方でワーストランキングでは、映画クレヨンしんちゃんに登場したセリフ「待ちなさーい! そんなの許さないわ」、特撮『王様戦隊キングオージャー』の罵倒表現「スカポンタヌキ」、俳優の温水洋一さんによる美少女VTuber「ぬくみん」などが上位に。

ノミネートされた全流行語の実感値

ノミネートされた全流行語の調査結果は上図のようになった。中には97%が「流行していなかった」と答えたワードもあり、認知度に大きな差があるようだ。

調査概要

  • 【調査日】2023年11月21日
  • 【調査対象】サークルアップに登録する大学1年〜4年生
  • 【有効回答数】200人
  • 【調査方法】サークルアップ for client のアンケートオファー
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]