広告運用自動化ツール「Shirofune」が「ピンタレスト広告(Pinterestアド)」に対応

運用自動化機能を提供、出稿広告の成果を自動分析、指定予算内で入札金額を最適化

広告運用自動化ツール開発・販売のShirofuneは、同社が展開する同ツール「Shirofune」で、ビジュアル探索ツール「Pinterest(ピンタレスト)」の広告サービス「ピンタレスト広告(Pinterestアド)」に対応した運用自動化機能の提供を始めた、と9月13日発表した。ピンタレスト広告の予算管理、入札最適化、成果分析、レポート作成が可能になった。

ピンタレスト広告の運用自動化機能は、出稿した広告の成果を自動分析し、事前に指定した予算内で入札金額を最適化する。Googleのアクセス解析ツールなどの計測ツールやECプラットフォーム「Shopify」などと連携させることで、それらの数値に基づく成果分析も可能。運用状況を表やグラフにまとめた数値レポートは好みのタイミングで出力できる。

ピンタレスト広告はShirofuneが対応する主要広告配信プラットフォームの9媒体目となる。ピンタレスト広告の運用に加え「Google広告」「Yahoo!広告」「Meta広告」など他の広告と横断した成果分析や、媒体ごとに配分を設定した予算の管理と入札最適化、レポート作成ができる。複数の媒体に広告を出す時も運用をまとめることで効率化が可能になる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]