JR東日本とKDDIが「TAKANAWA GATEWAY CITY」でデータ基盤(都市OS)構築、新サービス創出へ

社会課題を解決するスマートシティー実現に向けてデジタルツイン実施、データを収集・分析

JR東日本とKDDIは、未来への実験場としてJR東日本が東京都港区の車両基地跡地で開発しているスマートシティー「TAKANAWA GATEWAY CITY」で、街の設備や人に関するデータを収集・分析するデータ基盤(都市OS)の構築を通し、新サービス創出を可能にするまちづくりを進める、と5月16日発表した。人口減少や環境問題など社会課題を解決するスマートシティーの実現を目指す。

TAKANAWA GATEWAY CITYは「100年先の心豊かなくらしのための実験場」のビジョンを掲げるスマートシティーで、2025年3月のまち開きを予定している。これまで「品川開発プロジェクト」として「高輪ゲートウェイシティ(仮称)」と呼んでいたが、5月16日に正式名称をTAKANAWA GATEWAY CITYに決めた。KDDIが共創パートナーになる。KDDIはTAKANAWA GATEWAY CITYに本社を移す。

街の施設・人に関するデータや両社のデータを組み合わせ、シミュレーションして現実の街にフィードバックするデジタルツインを実施する。デジタルツインは現実世界での収集データをコンピュータ上で再現する技術。都市OSは、街の設備データや街に住む・働く・訪れる人のデータなど異なる分野のデータを収集・分析し、各分野でデータを活用し合うプラットフォームとなる。

JR東日本とKDDIはTAKANAWA GATEWAY CITYでの実装に向け、都市OSを使い、街から得られるデータに加えJR東日本が保有する鉄道や駅のデータ、KDDIが持つ人流データなどを収集してデジタルツインで分析。これによって①街に関わる人に快適なサービスの開発②防災シミュレーションを活用した強じんなまちづくりの推進③ロボットを活用したサービスの開発--を推進していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]