「アプリとWeb」サービスの利用時間が長いのは? EC、銀行など4カテゴリで比較【Google調べ】

「EC」「家具・家電」「銀行」「旅行」の4カテゴリについて、アプリとWeb利用者の特徴を比較した。

Googleは、アプリとWebのサービス利用に関する調査を実施した。「EC」「家具・家電」「銀行」「旅行」の4カテゴリについて、行動データのログ分析・アンケート調査・インタビュー調査を行い、アプリとWeb利用者の特徴を比較分析している。

アプリ派? Web派? サービスの利用率や利用時間を比較

利用者の年代

まず、アプリとWebの利用者を年代別に調べると、幅広い年代で「アプリとWebの併用」が浸透していることがわかった。20代においては「EC」「旅行」「銀行」の3カテゴリで「アプリのみ」の利用が多く、「Webのみ」の利用者は年代が上がるごとに多くなる傾向だった。

利用率の推移

次に、アプリとWebの利用率の推移を見ると、上図のようになった。「旅行」ではWebがアプリの利用率を超えているものの、「EC」「家具・家電」ではほぼ同率、「銀行」ではアプリがWebを上回る結果となった。

1人あたりの利用時間の推移

1人あたりの利用時間の推移を見ると、いずれのカテゴリでもアプリがWebを上回っており、特に「EC」では大きな差がついた。

アクティブユーザーの利用頻度の推移

また、アクティブユーザーの利用頻度では、「旅行」を除いた3カテゴリで、アプリがWebよりも高頻度で利用されていることがわかった。

調査概要

<ログ分析>
  • 【調査対象】全国の18歳〜69歳男女
  • 【調査人数】集計内容によって変動
  • 【調査時期】2020年1月〜2022年2月
<アンケート調査>
  • 【調査対象】全国の18歳〜69歳男女
  • 【調査人数】スクリーニング調査 N=43,544人/本調査 N=4,047人
  • 【調査時期】スクリーニング調査 2022年4月19日~21日/本調査 2022年4月28日~5月2日
<インタビュー調査>
  • 【調査対象】i-SSPにおけるEC、家具・家電、銀行、旅行サービスの4カテゴリに関して、2022年2月の利用率上位のアプリ利用者とWeb利用者各2名
<カテゴリごとの定義>
  • EC、銀行:直近1ヶ月以内の該当サービスの利用者を対象
  • 家具・家電、旅行:直近6ヶ月以内の該当サービスの利用者を対象
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザビリティテスト
ユーザビリティテストとは、Webサイトやアプリなどのユーザビリティ上の問題点を見 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]