アライドアーキテクツが運用型UGCソリューション「Letro」で「UGC薬機法チェック機能」提供

薬機法チェック事業のREGAL COREと提携、企業が活用予定のUGCを弁護士や薬剤師がチェック

マーケティングDX(デジタル変革)支援事業のアライドアーキテクツは、同社でSaaS事業を行うプロダクトカンパニーが展開する運用型UGC(一般ユーザーが制作したコンテンツ)ソリューション「Letro(レトロ)」が、医薬品医療機器等法(薬機法)チェック事業のREGAL COREと提携した、と2月13日発表した。UGCの薬機法上の問題をチェックする機能の提供を始めた。

提携はEC事業でのUGCの活用推進が狙い。「UGC薬機法チェック機能」と呼ぶ。企業がマーケティングでの使用を予定しているUGCについて、REGAL COREに在籍する弁護士、薬剤師といった専門分野のプロが、薬機法上で問題がないかを調べる。Letroの管理画面で利用したいUGCを選択することで、専門家のチェックが受けられる。チェックは1、2営業日で完了する。

「UGC薬機法チェック機能」の概要

ネットショッピングで商品を検討する時、投稿やレビューなどのUGCを参考にする消費者は多く、UGCの重要度は高まっている。UGCをマーケティング活動に活用する企業が増える一方、薬機法はガイドラインや規定が日々見直されるため、迅速に施策に取り入れられないケースもあることから、UGC薬機法チェック機能を提供する。Letroの月額利用料+5万円から。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
クローラーが、インターネット上にあるWebサイト上の文書や画像を巡回(クローリン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]