ファミリーマートが無人決済システムを導入した実用化店舗を中国地方に初めて出店

岡山市のベネッセコーポレーションの施設内に、従業員の利便性向上と福利厚生充実

ファミリーマートは、無人決済システムを導入した実用化店舗を中国地方に初めて出店する、と1月16日発表した。岡山市北区にある通信教育・出版事業のベネッセコーポレーションの施設内に「ファミリーマートベネッセ高柳/S店」を1月25日にオープンする。施設で働く従業員の利便性向上と福利厚生の充実を実現するという。

無人決済システムは、商品を手に取って出口でディスプレーの表示を確認して支払いすると買い物が完了。有人レジと比べて短時間で買い物が可能になり、休憩時間に短い時間で食事を購入したり、飲み物やスイーツでリフレッシュしたりでき、福利厚生につながる。省人化・省力化で店舗運営コストが低減。人材不足も解消する。

店舗天井のカメラなどの情報から入店者と手に取った商品をリアルタイムに認識。出口付近の決済端末のディスプレーに購入商品と合計金額を表示する。バーコード、交通系電子マネー、クレジット、現金で支払いできる。同店は面積約15m2で約400種類の商品を取り扱う。ファミリーマートは全国で同様店舗の展開を進めている。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

CP
ケータイサイトを構築・運用して、ユーザーに対してコンテンツを提供する事業者を指す ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]