アタラが「データ活用トレーニング」と「BIツール事前データ環境評価」の2サービス開始

座学とハンズオンでトレーニング、企業のデータ活用で課題を解決して軌道に乗せる

デジタルマーケティング支援事業のアタラは、「データ活用トレーニングサービス」と「BI(ビジネスインテリジェンス)ツール事前データ環境評価サービス」の提供を始めた、と10月25日に発表した。企業のデータ活用で成功と失敗の分岐点にある課題を解決し、軌道に乗せるサービスで、自社の課題に照らし合わせてデータ活用の適性を判断でき、自社に合ったデータ活用の具体的な方法を手にすることができる。

データ活用トレーニングサービスは、1回2時間で2日間行い、データ活用の流れを体験する。1日目は座学形式で「テータ活用とは?」や「データ活用・可視化に適したデータとは?」について学ぶ。2日目はハンズオン(演習)形式でBIツール「Domo」のトライアル環境を使い、仮想シナリオに沿ってサンプルデータを加工・整形後、可視化まで行う。データ活用の目的や具体的な取り組み内容、必要なデータの基礎知識が得られる。

データ活用トレーニングサービス

BIツール事前データ環境評価サービスは、データ環境を評価して解決する準備をサポートする。①ヒアリングでBIでの可視化に必要なデータや要求を整理、②実際のデータを見てデータベースの設計図のスキーマ構成やテーブル数、ひも付けのキーを確認、③今後のデータ活用に必要なプロセスを提示、④仮のデータからBIツールでサンプルグラフを作成――を行う。データ活用に必要な自社データの課題や準備が明確になる。

BIツール事前データ環境評価サービス

購買履歴や営業売上のデータを取得して活用できるようになったが、管理すべきデータの増加やデータ分析の高度化、ITツールの複雑化、専門人材の不足など課題が多い。2つのサービスは、「データ活用に取り組みたいけれど、何をしたらいいか分からない」という企業に最適で、データ活用の成否を左右するBIツールや、データを集めて一定の基準で整理して使いやすくまとめるETLツールも自社に適したものを選定できるようになる。

BIツール事前データ環境評価サービスのイメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

NPS
顧客のロイヤルティを測る指標の1つ。単純な算出方法の指標だが、近年重要視されてい ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]