DNPがブルボンの展開する「ブルボンメタバース」の構築を支援、ブラウザで利用が可能

菓子の楽しさと本社がある新潟県柏崎市の魅力を一体化したコミュニティ空間として開設

大日本印刷(DNP)は、メタバース(インターネット上の仮想空間)構築支援の一環で菓子大手のブルボンが展開する「ブルボンメタバース」を手掛けた、と9月30日発表した。ユーザーが分身のアバターを通してブルボンの歴史や商品の魅力が体験できるようにした。専用アプリ不要でパソコンやスマートフォンのブラウザで利用可能。10月3~31日の期間限定となる。

「ブルボンメタバース」のイメージ

DNPは、企業の取り組みや商品への思いを体験型で分かりやすく伝える手法として、独自の技術を活用して高精細なメタバースの構築・運用を支援。誰でも容易にアクセスできるようにブラウザ用に最適化して提供する。ブルボンメタバースにはユーザー同士がテキストチャットを楽しんだり、ブルボンのオンラインショップで商品を購入したりする機能を加えた。

ブルボンは、顧客とのコミュニケーションの可能性を探るためブルボンメタバースを開設する。菓子の楽しさと、本社がある新潟県柏崎市の魅力を一体化したコミュニティ空間で、「お菓子の森」「ブルボン本社ビル」「イベント」の3つのエリアで構成。仮想空間での対話型コミュニケーションによってファン獲得とファン同士のコミュニティ活性化につなげる。

「ブルボンメタバース」のイメージ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

HCD
「Human-Centred Design」(人間中心設計)の略称。機械やシステ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]