スマートニュースがニュースアプリ「SmartNews」に新機能「ライブカメラマップ」追加

日本各地に設置されている約680のライブカメラの映像が視聴可能、まず「iOS」版に搭載

ニュースアプリ運営のスマートニュースは、同アプリ「SmartNews」に新機能「ライブカメラマップ」を加える、と6月1日発表した。日本各地に設置されている約680のライブカメラの映像がSmartNewsアプリで視聴できる。「iOS」版で同日提供を始めた。「Android」版は6月6日から順次搭載し、6月末までに完全実装する。

梅雨の時期に合わせた。ライブカメラマップは、SmartNewsアプリの「天気」ページから閲覧が可能。現在地や外出目的地の雨の様子、豪雨時の川の氾濫状況をリアルタイムの映像で知ることができる。全国の河川近くにあるカメラ映像は70以上が見られ、事前に対策を立てることで被害を最小限に抑える工夫につなげられる。

現在地の近くにあるライブカメラ映像を探す場合の手順は、①SmartNewsアプリ下部のメニューバーで「天気」を選択②「現在地付近のライブカメラ」から確認したいライブカメラを選択③ライブカメラマップ上のアイコンを選ぶか、画面下部のカルーセルを横スクロールしてさまざまなカメラ映像をチェックする--となる。

「ライブカメラマップ」利用手順(現在地付近を探す場合)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]