「さくらのレンタルサーバ」で表示速度と処理能力が最大5倍になる新サーバー提供

さくらインターネット、SSD化など機材を刷新、新規契約者へのキャンペーンも実施

クラウドコンピューティングサービス事業のさくらインターネットは、同社のレンタルサーバーサービス「さくらのレンタルサーバ」で、表示速度と処理能力が従来の最大5倍になる新しいサーバーの提供を2月に始める、と1月13日発表した。メモリーチップでデータを読み書きするSSD(ソリッドステートドライブ)にするなど、機材を刷新する。

さくらのレンタルサーバの全プランを対象にする。プランと料金は変わらない。現在さくらのレンタルサーバを利用しているユーザーに向けて、新サーバーへ容易に移行できる機能を提供する。詳細については改めて案内する。機材更新によって自動的に新サーバーに移行されるケースもあり、その場合はメンテナンスの前にメールで知らせる。

さくらインターネットは、新サーバーでは利用が多いCMS(コンテンツ管理システム)「WordPress」がさらに快適に使える、とアピールしている。新サーバーの提供開始に合わせ、新規契約者へのキャンペーンを実施。さくらのレンタルサーバの「スタンダードプラン」が3カ月無料で試せるクーポンを先着600人に贈る。申し込みは1月31日まで。

従来の表示速度との比較
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]