現役マーケターに直撃質問! 今後注力したいのはSNSより「動画マーケ」。業務への感情もストレートに回答【ネオマーケティング調べ】

発注中の業務や委託先を選定するときの重視点、サードパーティーCookieの活用度など、細かな部分も質問。

ネオマーケティングは、「マーケターの実態」をテーマにした調査の結果を発表した。20代~60代の現役マーケター179人が、日々のマーケティング業務で感じていることについて幅広く回答している。

業務委託では「コスト・技術・組織力」をまずは重視

まずは「発注することがあるマーケティング・広告宣伝の業務内容」を聞くと、「自社の情報発信のためのコンテンツ作成」48.0%が特に多く、「オウンドメディア施策」「動画広告の制作・活用」各30.7%が同率で2位だった。さらに微差で「リスティング広告などの検索連動広告」「FacebookやTwitterを活用したソーシャルメディアマーケティング」が続く。

「今後注力していきたいマーケティング活動」を聞くと、「マーケティングリサーチ」27.9%、「動画マーケティング」21.8%、「SNSマーケティング」20.1%、「ブランディング」18.4%が上位だった。

「マーケティング活動の委託先を選定する上で重視していること」では、「費用対効果がみえること」84.9%が最多で、「最新のマーケティング情報をもらえること」73.7%、「組織体制がしっかりしていること」73.2%が上位で、コスト・技術・組織力と、分かりやすい判断基準が示された。

さらに「マーケティング活動を行う中でお気持ちに合うもの」「業務の中で感じていること」など、日々の感情について聞くと、「ブランドを徐々に浸透させることが重要」「マス広告よりもターゲティングできるデジタル広告に力を入れたい」「顧客ニーズの多様化」「顧客ニーズの移り変わり」といった、赤裸々な意見が上位となった。

サードパーティーCookieが活用できなくなったらどうする?

具体的なデジタル広告の動向として、Googleが掲げている「2023年中のサードパーティーCookie廃止」について聞くと、「知っている」52.5%でかろうじて過半数だったが、「知らない」29.1%、「サードパーティーCookieそのものを知らない」18.4%と、心許ない結果となった。

そこで現状を確かめるために、「現在の業務においてサードパーティーCookieを活用したマーケティング活動を行っているか」と聞くと、「行っている」は33.6%で少数に留まった。

なお「サードパーティーCookieが活用できなくなった場合の対策について、検討しているもの」を聞くと、「FLoC(Federated Learning of Cohorts)等の代替技術」と「コンテクスチュアル広告(コンテキスト広告)」が、同率61.2%でトップだった。自社SNSやメールマーケティングも回答が多く、いましばらく摸索は続きそうだ。

調査概要

  • 【調査対象】20代~60代の男女の会社員(ネオマーケティングが運営するアイリサーチ登録モニターのうち、マーケティング・広告宣伝業務を発注することのある人)
  • 【調査方法】WEBアンケート
  • 【調査時期】2021年9月1日~6日
  • 【有効回答数】179名
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]