商品企画担当者の色選びを支援するツール「カラータイプマーケティングツール」提供

色彩舎、ウェブ上で利用できるカラーツール、対面での企画会議がオンラインで可能に

カラーコンサルティング事業の色彩舎は、商品企画担当者の色選びを支援する商品開発ツール「カラータイプマーケティングツール」の提供を始めた、と9月11日発表した。ウェブ上で利用できるカラーツールとなり、これまで対面で実施していた企画会議がオンラインで可能になる。78色のカラーパレットから色が選択できる。

商品の色選びは売り上げを左右する重要な要素のため、企画会議で時間が割かれる。しかし新型コロナウイルスの感染拡大で長時間の対面での会議が難しくなっていることから提供する。ツールには色の効果が具体的に記され、会議参加者の好みに左右されない根拠のある色選びができ、参加者が納得する色の決定が可能になる。

ツールは4ステップで構成。(1)色選びの5種類の悩みから1つを選択するとカラーパレットに飛ぶ(2)カラーパレットから商品企画に使いたい色をクリック(3)クリックした色の基本や配色、その色が似合うパーソナルカラータイプを解説(4)ターゲット別の8パターンの配色を紹介--の流れ。(4)の機能の利用には会員登録が必要。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]