感染症防止の時間制来館者システム「チームラボチケッティングシステム」の提供開始

チームラボが開発、ORコードで管理する時間指定チケットで混雑回避と非接触入館を実現
よろしければこちらもご覧ください

ソリューションやアート事業などを展開するチームラボは、施設の利用者を時間制限して管理する「チームラボチケッティングシステム」の提供を開始した、と5月19日に発表した。新型コロナウイルス感染防止対策が必要な美術館や博物館、水族館、遊園地などの施設やイベントで時間指定したチケットを販売して入場者をコントロールできる。

運営側が時間枠ごとにチケットの在庫数を管理して入場人数を制限する。時間制のオンライン販売に限定すれば当日の飛び込み来場はなくなり、並び列も発生しない。入場待ち時間を緩和して混雑をなくす。販売時に電話番号やメールアドレスなどを取得しておけば、感染症クラスターが発生した場合に顧客に連絡することができる。

チケットはQRコードで一元管理し、QRデータを一括発行して紙チケットに印刷したり、メールで配布したりできる。入場時はQRコードをかざすだけで接触を避けられる。入場システムに特別な専用機器は不要で、スマートフォンだけでQRコードの読み取りが可能。システムは最短1カ月で導入でき、チケット販売サイトのテンプレートも提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

属性型・地域型JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]