アドビが「Photoshop」デスクトップ版と「iPad」版に新機能を追加、誕生30年の記念で

デスクトップの「塗りつぶしのワークスペース改善」、iPad版の「オブジェクト選択ツール」など
よろしければこちらもご覧ください

アドビシステムズは、米国Adobeが画像編集ソフト「Photoshop(フォトショップ)」のデスクトップ版と「iPad」版にそれぞれ新機能を追加し2月19日に公開した、と同日発表した。この日はPhotoshop「バージョン1.0」発表から30年にあたり、「誕生日を記念した新機能」をアピールしている。


コンテンツに応じた塗りつぶしのワークスペース改善(デスクトップ版)

デスクトップ版では「コンテンツに応じた塗りつぶしのワークスペース改善」を導入した。植物の枝が重なり合っているような背後の被写体を消す場合の作業を改善する。ワークスペースを離れずに複数の選択範囲をつくって、複数の塗りつぶしに適応した。作業の細かな調整や試行を繰り返して、より自然な塗りつぶしができる。


「ぼかし(レンズ)」の強化(デスクトップ版)

「ぼかし(レンズ)の強化」では、深度情報を持たない平面画像にピンぼけ効果を後から加える加工を改善。処理速度も向上した。写真の前景や背景にぼかしを入れながら、全体的に自然な画質になるよう大幅に改善している。


オブジェクト選択ツール(iPad版)

一方、iPad版は、デスクトップ版にある「オブジェクト選択ツール」を追加した。「長方形選択ツール」か「投げ縄ツール」で選択範囲を作成すると、その指定された範囲の中から自動的に被写体を選び出す。複数の被写体を選んだり、特定の部分だけ選択したりする時に便利になる。


文字の書式設定(iPad版)

さらに、デスクトップ版で使い慣れた「文字の書式設定」の多くがiPad版にも搭載された。テキストレイヤーのプロパティに文字関連のオプションとプロパティが追加され、トラッキング▽行送り▽垂直比率/水平比率▽上付き文字/下付き文字などが加わった。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]