ニールセン デジタル、広告主企業と共同で「デジタル広告におけるメディアデータ活用に関する研究会」を発足

広告主企業が、効果的、効率的なデジタルメディアプランニング必要なデータを整備
岩佐 義人(Web担 編集部) 2019/12/2 8:34

視聴行動分析サービスのニールセン デジタルは、大手広告主各社と「デジタル広告におけるメディアデータ活用に関する研究会」を発足した、と11月28日発表した。

ブランディング目的での活用増加に伴ってデジタル広告費は伸長を続け、デジタルの中でのメディアの選択肢も広がりを見せている。広告主企業が、キャンペーン施策や商品カテゴリーに適した効果的、効率的なデジタルメディアプランニングを考えるうえで必要なデータが整備されているとは言い難い。

研究会では、広告キャンペーンのプランニングの段階で、それぞれの施策に適したデジタルメディアを選定していくための、メディアデータの活用に焦点を当てて議論を進めていく。ニールセン デジタルは、研究会参加企業の課題解決と日本のデジタルメディア・広告市場の活性化に貢献していく。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]