アクイア、オープンソースCMS「Drupal」の技術認定試験を日本語で提供開始

開発者のDrupal知識レベルを証明するための日本唯一の資格
よろしければこちらもご覧ください
 

デジタルマーケティング支援のアクイアは、オープンソースCMS「Drupal」(ドゥルーパル)の認定試験「アクイア認定プログラム」を11月28日、日本語にて提供開始する、と同日発表した。

Drupalは、大規模な開発者コミュニティとアップデートが続いている。アクイア認定プログラムはアクイアが提供するDrupalの技術認定試験であり、開発者のDrupal知識レベルを証明するための日本唯一の資格となっている。

アクイア認定プログラムは現在グローバルで11種類の試験を提供しており、今回はその中の1つである「サイトビルダー - Drupal 8」を日本語で提供する。この認定は、コアモジュールおよび拡張モジュールを使用してDrupalサイトを構築するユーザーに向けたプロフェッショナル資格となる。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]