Gyro-n SEOに新機能、SERPsにランクインした自社LPページの変遷を可視化

ページの入れ替わりの履歴を一覧画面で追うことで管理を容易に
 
順位変動グラフに現れる「評価分散フラグ」と「LP履歴」

デジタルマーケティング支援のGyro-nは、同社のSEO順位計測・管理プラットフォーム「Gyro-n SEO」に、検索結果画面(SERPs)に現れる自サイトコンテンツページの入れ替わり履歴を確認できる新機能「LP履歴」を、11月12日に発表した、と同日発表した。

Google、Googleモバイル検索、Yahoo! JAPANの各検索エンジンの検索結果画面に表示される自サイトの検索結果ページは、決まっているものではなく、さまざまな要因により入れ替わる。Gyro-n SEOのLP履歴機能では、ページの入れ替わりの履歴を一覧画面で追うことで緻密なコンテンツの修正施策の検討や、その管理を容易にする。

Gyro-n SEOでは、ユーザーの改善提案を受け、それに対応した新機能として11月12日にLP履歴機能を急遽発表することにした。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]