英語、中国語、韓国語などの「多言語対応サイト制作パッケージサービス」をアライドアーキテクツが提供開始

中国語サイトでは、在日中国人のリアルな視点が書かれたコンテンツを掲載可能
 

マーケティング支援のアライドアーキテクツは、「多言語対応サイト制作パッケージサービス」の提供を9月26日より開始する、と同日発表した。中国語サイトでは、在日中国人の実際の体験に基づいた商品・サービスのクチコミを短期間で収集できる越境プロモーション支援サービス「チャイナタッチ」を活用し、在日中国人のリアルな視点が書かれたクチコミコンテンツを掲載することが可能だという。

多言語対応サイト制作パッケージサービスでは、英語、中国語、韓国語など複数の言語に対応したサイト制作を提供する。掲載する情報を日本語で共有するだけで簡単に多言語対応サイトの制作が可能となる。中国人向けの中国語サイトにおいては、チャイナタッチを活用し、在日中国人のリアルな視点が書かれた情報の拡散、認知向上、購入検討者への後押しを実現する。

チャイナタッチは、日本のモノ・コトに対してリアルな視点や感覚を持つ在日中国人に向け、モニターサンプリングやイベントへの招待といった形で商品・サービスの「体験」機会を提供し、簡体字でのクチコミ生成を安価かつ短期間で実現できるサービスで、生成されたクチコミは自由に二次利用できる。

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

GRP
テレビCMにおいて、広告出稿回数ごとの視聴率を足した数値。 放送局が定めた ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]