ビービットのUSERGRAM「ユーザー注目ワード機能」をアップデート

「AI技術による分析機能の強化」と「分析パフォーマンス改善」を実施
よろしければこちらもご覧ください


UXを中心とした事業を支援するビービットは、同社が提供するシーケンス分析クラウド「USERGRAM」に、直感的にユーザの興味を把握したいという要望に応える「ユーザ注目ワード」を2018年より搭載している。このたび、AI技術を用いてユーザ注目ワード機能をアップデートした、と9月17日発表した。

具体的なアップデートのポイントは2点ある。「AI技術による分析機能の強化」によりデータ解析上の重み付けをAI技術により自動調整するようになった。また「分析パフォーマンス改善」により、計算量が増大し、レスポンスが遅くなってしまわないように、分析基盤のリプレイスを実施した。

アップデートによって、個々の興味・関心がより精緻に評価できるようになり、正しい「状況の発見」につながるという。今後「ユーザ注目ワード」機能においては、ユーザの行動データをより有意なものとして把握できるように、改善を進めていく。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス