PayPayが企業データベース「LBC」を導入、加盟店開拓強化へ

網羅性の高さと企業属性の充実度から、営業戦略策定のデータベースに
よろしければこちらもご覧ください

データベースマーケティングのランドスケイプは、電子決済サービスのPayPayに企業データベース「LBC」を提供した、と9月4日発表した。LBCは、網羅性の高さと企業属性の充実度から、営業戦略策定のデータベースとなった。

PayPayは、加盟店の開拓を行う上で、開拓先のターゲット企業を手作業で検索し、情報収集をして営業活動しているが、工数の負荷が大きい。収集した情報は業種や売上高などの企業属性が少ないため、営業・マーケティングに活用しづらいなどの問題があった。

PayPayは、導入済みのSalesforceの営業支援ツール(SFA)「Sales Cloud」にランドスケイプが保有する日本最大の企業データベースLBCを格納し、ホワイトスペース(未取引企業)の可視化、取引実績と統合して営業・マーケティングに活用できる営業戦略基盤を構築する。

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]