「SHANON MARKETING PLATFORM DM Connect Plus.」が販売開始、シャノンのMAサービスでDM郵送も可能に

新たに業種別の活用メニューを用意し、JPメディアダイレクトと共同で販売活動
よろしければこちらもご覧ください

製品の特徴


利用のイメージ


マーケティングサービスのシャノンと、日本郵政グループのJPメディアダイレクト(JPMD)は、マーケティングオートメーションサービス「SHANON MARKETING PLATFORM DM Connect Plus.」(SMP)の共同マーケティング活動に関する合意にもとづき、新たに業種別の活用メニューを用意し、9月2日より提供を開始した、と同日発表した。シャノンはJPMDを「プラチナ・パートナー」に認定し、今後、共同で販売活動を行う。

SMPは、シャノンのマーケティングオートメーションサービスに、JPMDが開発したDM(ダイレクトメール)の印刷・発送プラットフォーム「DM Connect」を組み込んだサービスとなる。SMPは、他システムと連携が必要なくSMP内からいつでも好きなときにDMを送ることができる。メールとDMを組み合わせることが可能で、一人ひとりにDMの送信履歴が紐づく。

Webのトラッキング情報を利用することにより、DMを送った結果、誰が反応したのか分かる。はがき以外に、企業パンフレット・冊子などシチュエーションに合わせた「モノ」の送付が可能となる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]