ストロボが「タクシー車内サイネージ特化型動画広告制作サービス」を開始

コンテンツ制作ノウハウやオペレーション体制を提供、経営層がターゲット

企業のデジタルトランスフォーメーション(ITによる業務変革)支援事業とベンチャー投資育成事業を行うストロボは、「タクシー車内サイネージ特化型動画広告制作サービス」を始めた、と7月19日発表した。コンテンツ制作のノウハウやオペレーションの体制を提供する。

タクシー配車アプリに関するリサーチやコンサルティングで集積した同動画広告市場の知見を活用。同社は、自動車産業のデジタルトランスフォーメーション事業の一環として自動運転分野で最大級とするメディア「自動運転ラボ」を運営していて、最新動向が入手できる。

動画広告配信と自社オウンドメディアのミックスマーケティングにも対応。タクシー利用が多い経営層をターゲットにしたブランディングや認知度向上を支援する。タクシー車内広告は、BtoB(企業間取引)商材で経営層向け市場が開拓できるため、人気になっているという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

エスノグラフィックリサーチ
民族誌学的アプローチによる調査のこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]