LINEと電通デジタルがオンオフ横断の広告配信・効果検証ソリューションで連携

LINE Ads Platformにおいて、オンオフ横断のソリューションを提供
 

LINEと電通デジタルは、連携して電通が提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」を活用し、LINEが提供する運用型広告プラットフォームLINE Ads Platform(LAP)において、オンオフ横断の広告配信・効果検証ソリューションの提供を6月20日開始する、と同日発表した。

電通デジタルとLINEが両社のデータを統合し、分析・検証可能でセキュアな環境を整備することで、配信後のテレビ広告・LAP広告の接触・非接触者の実ログに基づくリーチ計測と、マスとデジタル広告の統合効果検証までをパッケージ化した。

テレビの実視聴ログに基づいてデジタル広告配信から効果検証までを行うSTADIAと、LINEの保有するLAP広告接触ログの連携により、実ログベースでのリーチ・ブランドリフト等を含めた広告効果検証が可能になるという。

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]