ギブリー、チャットボット「SYNALIO」の行動データ、クラスタリング機能など4機能をアップデート

「コミュニケーション最適化プラットフォーム」として、アップデートを実施
よろしければこちらもご覧ください

成長エコシステムを創造するギブリーは、同社のチャットボット「SYNALIO(シナリオ)」が「チャットボット型マーケティングツール」から「コミュニケーション最適化プラットフォーム」として、4つの機能アップデートを実施した、と6月7日発表した。 具体的には行動データを取得が可能になり、会話データと組み合わせてより1to1なコミュニケーションを実現する「行動データの取得」、ユーザーデータに自動的に付与されたラベルを元にグルーピングが可能になり、作成したユーザーグループに応じて、適切なコミュニケーションの提案を実現する「グルーピング/クラスタリング機能」。 また、AIを活用してキャンペーン画像などのクリエイティブの自動配信が可能な「クリエイティブオートメーション機能」、直感的にデータドリブンなマーケティングを実現する、「見やすく、直感的なダッシュボード」となっている。


より見やすく、直感的なダッシュボード

クリエイティブオートメーション機能

グルーピング/クラスタリング機能

行動データの取得
※記事初出の時点で誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。(2019-6-11 編集)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

AOSSL
「Always on SSL(常時SSL)」の略。 基本的にサイトは非HT ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]