Kaizen PlatformとNTTアドが業務・資本提携、NTTアドが約5億円の第三者割当増資引き受け

モバイル動画を活用したマーケティングソリューション提供が目的、共同出資会社も視野に
よろしければこちらもご覧ください

ウェブサイト改善ツールを展開するKaizen Platformと、NTTが100%出資する広告会社のNTTアドは、業務・資本提携に合意した、と1月30日発表した。モバイル動画を活用したマーケティングソリューションの提供などを目的にする。NTTアドがKaizen Platformから約5億円の第三者割当増資を引き受けるとともに、両社の強みを合わせる。

大容量データの高速通信が可能な次世代モバイル通信「5G」が2020年の商用化を予定することが背景。モバイルサイトのUX(ユーザーエクスペリエンス)=ユーザー体験=ソリューションの提供、プラットフォーム開発も進める。各ユーザーにパーソナライズした動画を迅速に大量制作し、広告運用業務にスムーズにつなげる環境を整備する。

 

Kaizen Platformは、企業の事業成長に応じてクラウド上で改善チームを提供するサービス「Kaizen Platform」や、動画制作物を分析してスピーディーに改善していくサービス「Kaizen Ad」を展開。300社以上が導入している。両社は共同出資会社の設立も視野に入れ、それぞれの技術・ノウハウを生かした新ビジネスモデルを検討する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]