ソウルドアウトがAmazonマーケティングサービスに特化した広告運用支援サービスを提供開始

Amazonマーケティングサービスの戦略を持つことが重要と考え、支援サービスを提供

マーケティング支援のソウルドアウトは、EC支援の一環としてAmazonマーケティングサービス(AMS)、Amazonセラー広告に関するサービス提供体制を強化するための専門チームを組織した、と8月31日発表した。アマゾンをマーケティングチャネルとして活用するためには、Amazonマーケティングサービスにおける戦略を持つことが重要と考え、広告運用支援サービスを提供することにした。

EC市場においてアマゾンの存在感は強まっている。アマゾンを利用して商品やブランドを検索する消費者も増加している。米国では、アマゾンがGoogleなどの検索エンジンを抜いて、ネット通販ユーザーが最初に訪問し、商品やサービスを検索するWebサイトとなっており、デジタルプラットフォーマーとして大きな影響力を持っている。

EC事業者にとっては、商品の競合対策や認知度向上などが課題となっており、特定のキーワードや興味・関心にあわせたターゲティングをすることが可能なアマゾン内広告を活用することの重要性が高まっている。ソウルドアウトグループは中小・ベンチャー企業の成長支援を行っていく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]