Datoramaがニールセンのデジタル広告視聴率と接続開始、リアルタイムでクロスチャネルの広告効果を測定可能に

キャンペーン期間中に施策の改善、意思決定をスピーディーに行うことが可能に

マーケティングソリューションのDatorama Japanは、同社が提供するマーケティング・インテリジェンス「Datorama」が、ニールセン デジタルが提供するニールセンデジタル広告視聴率との接続を開始した、と5月9日発表した。ニールセン デジタル広告視聴率(DAR)データをDatoramaが集約したデジタルマーケティングのデータと統合し、一元管理することで、リアルタイムでクロスチャネルでの広告効果を測ることができ、キャンペーン期間中に施策の改善、意思決定をスピーディーに行うことが可能になるという。

ニールセンデジタル広告視聴率とDatoramaの連携で、広告主にとっては、Datoramaでの配信チャネルを横断した広告配信実績、投資額とDARのデータを比較し、より正確に狙ったターゲット・セグメントに広告配信可能になり、広告投資の透明性を担保しつつ、最適化・最大化を実現できる。広告代理店にとっては、広告配信チャネルの最適化や、キャンペーン期間中に広告主とともに施策改善をリアルタイムで進めることができる。媒体社にとっては、PC、スマホ、タブレットなどデバイス横断でのビューアビリティと配信実績との比較・分析を通じて、ロジック通りのターゲット・セグメントに配信していることを示すことが可能となる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]