ファンタラクティブ、Webサイトのリンク切れや表示速度を包括チェックする「WW checker」ベータ版を提供開始

確認が必要な項目についてエラーや記述の抜け漏れがないかを1クリックでチェック
岩佐 義人(Web担 編集部) 2018/1/15 7:00

Webサイト制作のファンタラクティブは、簡単にWebサイトのクオリティをチェックできるサービス「WW checker(ダブダブチェッカー)」のβ版提供を開始した、と1月11日発表した。WW checkerは登録したWebページの内容を自動で解析し、サイト制作時にリンク切れやSNSのシェア設定など、確認が必要な項目についてエラーや記述の抜け漏れがないかを1クリックでチェックできる。

WW checkerはコーディングを行うエンジニアやWebデザイナーは自身の制作したサイトのチェックツールとして利用でき、サイトオーナーやディレクターなどのコードを書かない担当者も、ブラックボックスだったWebサイトの内容を可視化し改善ポイントの発見ができるようになる。なお、WW checkerはβ期間中全機能を無料で提供する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]