ファンタラクティブ、Webサイトのリンク切れや表示速度を包括チェックする「WW checker」ベータ版を提供開始

確認が必要な項目についてエラーや記述の抜け漏れがないかを1クリックでチェック

Webサイト制作のファンタラクティブは、簡単にWebサイトのクオリティをチェックできるサービス「WW checker(ダブダブチェッカー)」のβ版提供を開始した、と1月11日発表した。WW checkerは登録したWebページの内容を自動で解析し、サイト制作時にリンク切れやSNSのシェア設定など、確認が必要な項目についてエラーや記述の抜け漏れがないかを1クリックでチェックできる。

WW checkerはコーディングを行うエンジニアやWebデザイナーは自身の制作したサイトのチェックツールとして利用でき、サイトオーナーやディレクターなどのコードを書かない担当者も、ブラックボックスだったWebサイトの内容を可視化し改善ポイントの発見ができるようになる。なお、WW checkerはβ期間中全機能を無料で提供する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

インタースティシャル広告
ページ移動時にページとページの間に独立ページとして表示する広告のこと。スプラッシ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]