VRI、スマホ広告のリーチ獲得を最大化する「Mobile Reach MAX」を提供開始

ニールセンデジタルの「Mobile NetView」の視聴ログデータを利用。性別×年齢の属性も指定可能

マーケティングリサーチ事業のビデオリサーチインタラクティブ(VRI)は、スマートフォン向け広告のプランニングツール「Mobile Reach MAX」を8月30日に提供開始した。

「Mobile Reach MAX」は、スマートフォンでのリーチ獲得が最大となるように、個別アプリとWebサイトにおける広告の組み合わせ方を順序づけして可視化する広告プランニングサービス。同サービスは、ニールセンデジタルが提供する「Mobile NetView」の視聴ログデータをもとに開発されたもの。VRIの親会社であるビデオリサーチと、ニールセンデジタルの親会社である米ニールセンは、2017年1月に資本業務提携を行っている。

同サービスの対象となるのは、月間の推定訪問者数が全体で50万人以上の個別アプリ・Webサイト。集計期間は最長1か月のなかで任意に設定可能で、性別×年齢でターゲット属性を指定してシミュレートすることもできる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]