DSP「ADMATRIX DSP」が「Smart Canvas Billboard」と連携、ビルボードサイズのリッチ広告配信に対応

ヒトクセとフルスピードのサービス連携で、ブランディング目的の広告配信が可能に

動画広告やリッチメディア広告の配信プラットフォーム「Smart Canvas」を提供するヒトクセは、「Smart Canvas Billboard」がインターネット広告、SEO事業のフルスピードが提供するDSP「ADMATRIX DSP」で配信が可能になった、と8月3日発表した。Smart Canvas Billboardを活用することで、ビルボードサイズのリッチメディア広告配信が可能になり、多彩な表現が実現する。また、広告の視認率が上がることで、認知や理解度・好意度をあげるブランディングを目的とした広告の効果的な配信が可能になる。

Smart Canvasは、動画広告をはじめとしたリッチメディア広告の制作や配信、分析が可能なプラットフォーム。DSPやアドネットワークなど、複数の広告配信サービスからリッチメディア広告を配信することができる。ADMATRIX DSPは、クラウドコンピューティングパワーとビッグデータ解析技術を活用し、リアルタイムにユーザー属性を判別して適切な広告を表示する。外部企業とのデータ連携により、オフィス配信や天気情報配信など、独自のターゲティング手法を実現し、サービスを拡大している。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

アウトバウンドリンク
関連語 の「インバウンドリンク」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]