TIS、統合マーケティングツール「TIS MARKETING CANVAS」に3つのソリューションを追加

データ活用から顧客接点の構築までの一連の施策を実行するための基盤を提供
よろしければこちらもご覧ください

ITソリューションのTISは、統合マーケティングツール「TIS MARKETING CANVAS」の提供範囲を拡大し、顧客データの一元管理や複数チャネルでの一貫性のあるコミュニケーション施策などを実現するソリューションを追加する、と7月18日発表した。今回追加したソリューションは「Contents(Web、モバイルフロント)」「Commerce(ECフロント)」「Contact(電話、チャット、SMS)」の3つで、データ活用から顧客接点(チャネル)の構築までの一連の施策を実行するための基盤を提供できるようになった。

TIS MARKETING CANVASは、「散在するデータ資産を統合的に管理し、顧客理解を深めマーケティング施策に活用できる仕組みづくり」や「市場変化のスピードに呼応したマーケティング機能の早期の立ち上げ」が、企業のマーケティング業務で重要な課題となっていることから、ソリューションを追加することになった。TISはインテグレーション技術・ノウハウや業務知識と、システム運用のノウハウを活用したTIS MARKETING CANVASを提供することで、企業のマーケティング業務の高度化を支援していく。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]