LINEの企業アカウント数は520万を超え、友達総数は93億人に

LINEは6月15日、全世界のLINEの企業アカウント数が520万を超え、その企業が持つ友達数の総数が93億人に到達すると発表。

LINEは6月15日、全世界のLINEの企業アカウント数が520万を超え、その企業が持つ友達数の総数が93億人に到達するとLINE CONFERENCE 2017で発表した。

全世界のLINEの企業アカウント数が520万を超え、その企業が持つ友達数の総数が93億人

LINEのMAU(月間アクティブユーザー)2億2000万人で割ると、1人あたり約42個の企業アカウントと友達になっているという。

また、3年前からサービスを開始しているLINE ビジネスコネクトのビジネスアカウント数は、176社に上る(2017年5月末時点)。日本国内の公式企業アカウント数は364あり、そのうちの48%がLINE ビジネスコネクトに対応していることになる。

48%がLINE ビジネスコネクトに対応

LINE ビジネスコネクトとは、LINEのAPIを利用して、外部データと接続することで、双方向かつ、1to1のコミュニケーションが可能となるサービスだ。

LINE CONFERENCE 2017に登壇した田端 信太郎氏は、LINEの掲げるコーポレートミッション「CLOSING THE DISTANCE」について、次のように語った。

田端 信太郎氏

LINEがつなげたいのは、ユーザー同士のコミュニケーションだけではなく、企業やブランド、サービスとユーザーをつなげたい。LINEというプラットフォームを使って、さまざまなものの距離を縮め、コミュニケーションを円滑にする。

日常的に使われるLINEだからこそできる、マーケティングコミュニケーションがあると信じています。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]